閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2019

19
Oct.2019
REPORT

AES 2019 Day3 : ダイジェスト1

373A2160

ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。

LUNDAHL

AES19DAY3-50

POPなブースが目を引くこちらのメーカーはLUNDAHL。FocusriteのREDシリーズや、今年のAESで発表となったtelefunkenのマイクなどが採用するハイエンドのトランスメーカー。トランスと言っても電源用ではなく、Input/Outputトランス。アナログ機器のバランス回路を受けるために使われているパーツです。これによりサウンドキャラクターが決定づけられると言っても過言ではないパーツとなります。
LUNDAHL
https://www.lundahltransformers.com/

TAC system

AES19DAY3-30

そして、日本から参加のTACsystem。高機能なモニターコントローラーVMC-102を展示しています。内部32busを持つこの製品、イマーシブオーディオ環境構築には、なくてはならない製品です。日本コック内のコミュニケーションシステムなど独自のニーズにしっかりと応える製品であるのも魅力の一つです。
TAC system
http://www.tacsystem.com/

Access Analog

AES19DAY3-7

いつもガチャガチャ、機械の動作音のしているこちらのブース何を作っているメーカーかというと

AES19DAY3-12
AES19DAY3-17
AES19DAY3-22

このようなアナログアウトボードを、DAW上のプラグインからコントロールするという「リアルアナログ・プラグイン」を作っているメーカー。ガチャガチャ言っていたのば、ボタンを叩くハンマーの音。サーボにより、ツマミを回し、ハンマーでボタンをプッシュ。リコールが出来るという意味においても面白い製品です。サーボと、ハンマーで機器のフェイスがほとんどわかりませんが、上段がSSL XLogic Compresser、下段がEmpirical LabのEL8-X Distresserですね。
Access Analog
https://accessanalog.com/

Nugen Audio

AES19DAY3-25

AES NYでの新製品は、SIG MODのアップデート。あると便利なちょっとしたアイディが詰め込まれたSIG MOD。MS processや、MONOなど、ありそうでない機能を詰め込んだこちらの製品の使い勝手の向上のためのプリセット機能などが追加されています。
Nugen Audio
https://nugenaudio.com/

Pultec

AES19DAY3-38

完全復刻と言っても良い形で復活を遂げたPultec。やはり伝説とも言えるそのサウンドは今でも必要とされつずけています。常に、誰かが視聴をしていて、結局最後まで機械が隠れたこんな写真しか取れていません。人気の高さを感じますね。

AES19DAY3-31

Pultec
https://www.pulsetechniques.com/

Mara

AES19DAY3-48

ヴィンテージアナログテープレコーダーを復活させるこのメーカー。筐体は、オリジナルのまま、修理不能となっているアンプ部分の基盤と、メカ関係を提供しています。

AES19DAY3-60
AES19DAY3-58
AES19DAY3-65


Mara
https://maramachines.com/

Usefularts

AES19DAY3-9

ALL-TUBEのマイクプリを作る同社。Colorつまみを備え、倍音の付加を調整できるようになっているのが特徴的。Dual ChannelのSFP-60とSingle ChannelのSFP-30、そしてDIというラインナップ。EF-806を入力段に、ゲインステージには、2本のECC82 / 12AX7を使用しています。IN/OUTトランスには、CineMag性を採用と妥協のない設計。SFP-60は$3499、デスクトップタイプとなるSFP-30は$1299という定価設定。

AES19DAY3-6

Usefularts
https://www.usefulartsaudio.com/

Daking Audio

373A2185

長年に渡り、高品位なアウトボードをリリースする同社。パネルにもあるように25周年。なんとコンソールを作って展示されていました。このようにアナログコンソールの展示が数多く行われているのはAES SHOWならではですね。
373A2186

Daking Audio
http://www.daking.com/

Rupert Neve Design

373A2195

日本でも高い人気のRUpert Neve Design。こちらのブースにもアナログコンソールが鎮座します。5088というこれまでにもあった製品なのですが、5000シリーズのモジュールではなく、Shelfordシリーズが入ったコンソールを持ち込んでいました。

373A2196
373A2197


Rupert Neve Design
https://rupertneve.com/

Dynaudio

373A2340

しばらく、経営が変わったりと落ち着かなかったDyanudioですが、このように、復活した姿を見せてくれています。モニタースピーカーとしてGenelecと人気を二分する時期もあっただけにこれからの再出発に期待したいですね。

373A2341
373A2345


Dynaudio
https://dynaudio.jp/

Aaton Digital

373A2349

ハリウッドを始めとする世界中の映画の現場録音に活躍するAatonのフィールドレコーダー。しばらく国内に代理店がない状況が続いていましたが、今年から正規輸入が再開しています。値段は、さすがAatonといったところですが、コンパクトな筐体にフェーダーを備えDanteやAESの入力を備えるという完全にフルスペックの製品。

373A2350
373A2352


Aaton Digital
https://www.aaton.com/

PMC

373A2380

PMCのブースは、何やらスッキリとした雰囲気。これには理由があり、セミナーを積極的に行っており、展示はおまけで話を聞きに来てほしいという姿勢。Rock oNでもResult6が人気モデルとなっています。英国BBCお墨付きの同社。是非とも一度試してほしい高い性能を誇るモニタースピーカーメーカーです。

373A2381

PMC
https://www.pmc-speakers.com/

Audio Alchemist

373A2385

こちらのブースには、Dengurus Music、Manlay,Phonix Audioが展示されています。アメリカで高い人気のメーカーがなかなか素敵なですっくんいきれいに収まっての展示。こんな作業デスクがほしい!!と思った方もいるのではないでしょうか?
このデスクは、JamRacksというメーカーのもの。きれいな木目のデスクが印象的ですね。

373A2387
https://www.jamracks.com/
Audio Alchemist
http://www.audioalchemist.com/

Writer. Yousuke

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年10月19日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
AES 2019 Day3 : Softube
スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
AES 2019 Day4 : ZOOM
痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
AES 2019 Day3 : Terry Audio
Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
AES 2019 Day3 : Sound Particles
まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
AES2019 DAY2 : セミナーレポート
AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
AES2019 DAY3 : Metric Halo
Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
AES 2019 Day3 : CRANBORNE
これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
AES2019 DAY3 : Flux::
イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company