閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2019

18
Oct.2019
REPORT

AES19 Day 2 : NAB NYダイジェスト

373A2166re

AES NY 2019に合わせて開催されているNAB SHOW New York 2019。その模様をダイジェストでお伝えしようと思います。AES NYの展示は、3日間ですが、NAB NYは2日間と少しだけコンパクト。隣のホールで開催されているということもあり、なかなかの賑わいです。

373A2231re

会場に入ってすぐにあるのは、Las VegasでのNABと同様にBlackmagic。NAB NY居合わせての新製品はなかったのですが、直前に発表されたVideo assist 12Gシリーズ。4K HDR 60P対応というフルスペックのレコーダーはやはり注目を集めていました。

373A2232re

こちらがその製品。5inchと7inchの2機種。両機種ともに2500nitの高輝度モニターを備えているというのもポイント高いです。HDRの画像を確認できるクオリティーのDiaplayということになりますね。

373A2238re

もう一つが、$295という衝撃的な価格で登場したATEM mini。miniと言ってもHDMI4系統の入力に、DVE、PCとつなげば、そのままSwitcher OutをストリーミングできるWebCamera機能と盛りだくさん。機能を考えると安すぎる一台ですね。

373A2241re

NAB NY会場内には、3箇所のステージがあり、ゲストスピーカーの公演が行われていました。テーマはOTT関連のものが目立ちました。展示メーカーもやはりOTT/配信関連のソリューションが多く、制作向けのメーカーが少なかったかなというのが実感です。

373A2242re

これはLeyardというメーカーの透過型スクリーン。正面からの写真だとよくわからないかもしれませんが、横から見るとこのような感じです。

373A2243re

透過度が高いのにしっかりと輝度が出ている。技術の進化を感じますね!こちらのブースには、他にも設備向けの大型液晶などが展示されていました。

373A2248re

インカムから電装系までバックボーンを一切合切取りまとめるMediorNetを擁するRIEDELはアメリカでも人気。インカムのArtistシリーズとMediornetが連携して展示のほうが行われていました。そして机の上には、ワイヤレスインカムのBORELOがありますね。

373A2257re

制作向けのサーバーメーカーも各社出展はしていたのですが、2日間という会期もあってか、実機を持ち込んでいるところはありませんでした。ちょっと寂しいですね。GBlabsでは、アメリカ国内でどれくらいのソリューションが動いているか聞いたところ300程度のインストール実績があり、かなり大規模なものも含まれているという話が聞けました。SPACEを主力製品とする同社。冗談かもしれませんが、是非ともNASAにインストールしたいと言っていました。「NASA loves “SPACE”」(笑)

373A2254re

こちらはEditshare。左奥のDisplayにサーバー筐体が映っていますね。。。。。Digital InjestからMedia Assetまで多機能なサービスを提供するエンタープライズ向けサーバー。スケールアウト型のEFSシリーズが主力。

373A2253re

ファイルベースワークフローの中核となるワークフローマネジャー”Vantage”を中心としたソリューションの展開をおこなっていたのはtelestream。QCなど様々な3rd Partyとの連携出来る、縁の下の力持ち。まさにベースとなるソリューションです。

373A2244re

うって変わってVRカメラのInsta 360。あまりこのようなガジェット系の展示はなかったのですが、Instaは頑張っていました。他にVR関連の展示が少なかったこともあり、かなり人が集まっていました。

駆け足ではありましたが、来年4月の本番NAB Las Vegasに向けて、やはりトレンドは、OTTに向けてシフトしていることを実感。そして少しずつ5Gという文字も見るようにもなってきています。これから半年で、どのように変わっていくのか?5Gの本格運用も近いところに来ます、そして規格の成熟期に入ったST2110はどのようにプロダクトとしてリリースされていくのか。更に追いかけてみたいと思います。

来年のNAB SHOW 2020レポートもお楽しみに!!

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年10月18日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
AES 2019 Day3 : Softube
スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
AES 2019 Day4 : ZOOM
痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
AES 2019 Day3 : Terry Audio
Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
AES 2019 Day3 : Sound Particles
まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
AES2019 DAY2 : セミナーレポート
AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company