閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

18
Oct.2017
REPORT

AES 2017 ARRIVAL レポート


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN

NY 散策

2017View_1_2
AES 2017開催前日にNY入りしたRock oNレポーターは、2年ぶりの街をしばし散策しました。

快晴のNYは最低気温9℃。明日から少し暖かくなるということで期待しています。

AES2017_arr_1_

これは近頃なにかと噂のあの方のビル。

AES2017_arr_12_

2001年9月11日、ここNYで起きた悲劇はその後の世界情勢を大きく変えました。もちろんみなさんも強い記憶としておぼえていることだと思います。あれから16年の月日が流れ、World Trade CenterビルがあったFulton St 285、通称グラウンド・ゼロにはOculusという地下鉄の乗り継ぎ施設(transportation hub)ができています。
AES2017_arr_6_

真っ白で美しい構内です。ガラス貼りの天井も高く、気持ち良い空間。慌ただしく人が行き交いますが、広い空間のおかげでまるで空港のような落ち着きも感じます。

AES2017_arr_10_

このOculusはWestfieldという大型ショッピングモールに繋がっていて、そのWestfieldには最新のApple Store “Apple World Trade Center”も入っています。少し遠くからのショットですが見えますか?

Apple World Trade Center
https://www.apple.com/retail/worldtradecenter/?cid=aos-us-seo-maps

AES2017_arr_3_

Westfieldにあるイタリア食材専門のモール。EATとITALYの造語?この奥にパスタやチーズ、ワインなどの食材店ほか飲食店がひしめき合っています。

EATALY
https://www.eataly.com/

AES2017_arr_13_
AES2017_arr_14_

地上に出るとそこにはそびえ立つ5つのWorld Trade Centerビルが。(World Trade Center ビルは全7つのビル群です)さきほどのOculusの美しさや商業施設に NYという街のタフさを感じましたが、慰霊碑は決してあの日のことを忘れていないことを私たちに教えてくれます。


さてひとしきりNY市内散策も終わったことですし、明日のAES 2017に備えて体を休めることにしましょう。

VR、AI、AoIP、そして見直されるアナログ機器の隆盛。いったいどのような新情報が飛び出すか。どうぞおたのしみに!


今年はどうなる?AES

AES ショーレポートとは?

AES_143rd-300x250AESとはAudio Engineering Society(オーディオ技術者協会)の略。

AES Conventionsは、USのLAとNYで毎年交互に会場を変えながら毎年開催される国際会議で、世界中からエンジニアや関係者が集います。ここで製品メーカーは新製品の見本市を同会場で開催。Rock oNのAESショーレポートでは、毎年AES Conventionsで登場する新製品や新規格、そして人々の賑わいをレポートしています。

★昨年の AES 2016 Rock oNショーレポートはこちら!http://www.miroc.co.jp/category/report/aes2016/

昨年はLAからデジタルと結びつくことにより復権の兆しを見せるアウトボードや、それらを一つに繋ぐことでプロジェクトのコワーキングやトータルマネージメントなど新しいワークフローを叶えるAoIPの隆盛の模様をお伝えしました。(http://www.miroc.co.jp/category/report/aes2016/)

今年の会場はNYのJacob K. Javits Convention Center。ここから最新情報をお届けします。

AES_day1-233
Day3-463-1280x960
AES_day1-247
x1_desktop_sennheiser-ambeo-vr-mic-side-image-2
360-ambisonics-tools

今年の注目は何と言ってもVR関連コンテンツでしょう。従来のDolby Atmos や Auro-3Dのサラウンドはもちろん、大規模なシステムを必要としないヘッドホンを付けても楽しめる360°音響やそのための録音/編集機器が様々なメーカーから発表。中でもsENNHEISER AMBEO VR MIC , Waves B360 Ambisonics Encoder ほかAmbisonic関連への各メーカーの製品対応の勢いは目を見張るものがあります。SNSのFacebookはFacebook 360という360°ムービーコンテンツ対応のサービスをスタートし、そのコンテンツ充実を図って360°コンテンツ制作のためのプラグインを無償配布しているという自体に。

また身近なところでは、FocusriteをはじめとしたメーカーがオーディオI/Fやキューボックスなどスタジオ機器を中心としたDanteソリューションを展開。AoIPによる恩恵が日本のスタジオにも浸透しはじめています。

1507128232658
Elevate

このほかiZotope Ozone8 とNeutron、そしてEventide EleveteのようにAIや機械学習を使ったプラグインも登場。熟練の手腕をプラグインが再現して提案してくることで、それを使うアーティストやプロデューサーたちのワークフローはどう変わっていくのか。制作現場のワークフローがいま変わろうとしています。

Rock oNではみなさんと同じくたくさんの好奇心で現地から生の情報をレポートし、未来を予測します。職人技が作り上げた音源制作と感性がモノを言うパフォーマンスの垣根が少しづつ融和して新しい形になっていく、「音楽」が生まれる新しい現場をみなさんと一緒に楽しんでいきます!

★AES 2017ショーレポートはこちら!>>
http://www.miroc.co.jp/category/report/aes2017/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年10月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company