閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

19
Oct.2017
REPORT

AES 2017 : Day1 Eventide


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN

AES NY Rock oNレポート

Eventide H3000といえば、マルチ・エフェクト・プロセッサーの名機中の名機。NAMM2017でその存在が囁かれていた、後継フラグシップモデルH9000の実機がお目見えです!! 何年もの開発期間を経てきたという本製品。

4機のquad core ARM プロセッサーによる16-DSPのモンスター級製品、現行モデルH8000の8倍のプロセッサーパワー。I/Oは8ch アナログ、AES/EBU、ADAT、16 USB オーディオチャンネル、そしてオプションでPro Tools(DigiLink)、Thunderbolt、Dante、MADI、Ravenna、AVB、AES67に対応します。これだけのパワーと入出力を備えていれば、サラウンド環境のプロセッシングにも最適な製品といえるでしょう。

AES NY Rock oNレポート

H8000、DSP4000、H3000から移植された膨大なプリセット。それに加え、H9000には新しく「randomize parameters」が追加。さらに複雑なサウンドを、フレキシブルに生み出す機能が加えられています。

スタンドアローン app「emote」を使い、audio network経由でのリモートコントロールにも対応。Mac 、PC両方に対応します。(AU、VST、Pro Tools AAX)

AES NY Rock oNレポート

これだけのパワーを持つ製品。現代のDAW時代であればエフェクターとして単体使用というよりも、強力DSPを備えたオーディオI/Fとして捉え、制作環境に大幅な可能性を与えてくれる製品といえるでしょう。

主な仕様
・8-Channel Analog In/8-Channel Analog Out
・(2) XLR Analog In / (2) XLR Analog Out
・MIDI In, Out, and Thru
・4 Female Type 2.0 USB ports
・1 USB Type B port, allowing 16 channels of USB audio in & out
・1 Ethernet port
・(2) ¼” Expression Pedal jack
・(2) ¼” Relay jacks
・MIDI In, Out, and Thru
・Word Clock In/Out
・Optical In/Out
・S/PDIF In/Out
・AES/EBU In/Out
・(3) Expansion I/O slots (For optional DANTE, MADI, and AVB)

full front panel controlのStandard H9000(6,999.00 USD)とblank front panelのH9000R($4,999.00 USD)の2モデル。2018年3月末に発売予定。

Eventide
https://www.eventideaudio.com
/

Writer.Tsuneyoshi

2017_AESNY_1D_2_31_

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年10月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company