閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

19
Oct.2017
REPORT

AES 2017 : Day1 Earthworks


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN

AES2017 Rock oN レポート Earthworks

SV33は、Earthworksが初めてボーカルに特化して発売するコンデンサー・ボーカルマイク。注目すべき特徴として指向性の性能にEarthworks独自の特許技術が投入されている。

AES2017 Rock oN レポート Earthworks

この技術でSV33は、中心軸から最大80度までの範囲に明確な指向性を持ち、ボーカリストは音質、音量のロスを気にせず、マイクを自由に動かしながらパフォーマンスに集中できます。この技術で前面は広い指向性を誇りながらも、背面の音をきれいにカット。また、高度なサスペンションを内蔵する構造で、なんと、筐体を叩いてもほとんど音を拾いません。

AES2017 Rock oN レポート Earthworks

Earthworksが誇る細部まで捉えるサウンド。そこに14mmカプセルをペアリングし、ハンドチューンされたラージダイアフラムよって、SV33はボーカル収録に必要な「暖か」なサウンドも特徴になっています。またハンドリングノイズの低減化、ウインドスクリーンのビルトイン構造、自在に向きを変更出来るフレキシビリティーを持ったホルダーといった、ボーカルレコーディングならではの工夫も施されています。

12月から発売開始予定、ストリートプライス 2,399ドル。


AES2017 Rock oN レポート Earthworks

DM20は、クローズ・ポジションでの使用を目的に設計された、スネア・タム用カーディオイド・コンデンサー・マイク。

カーディオイドの指向性で、激しいドラム・プレイでもズレない、頑丈なグースネック構造。マイク本体に加え、RM1 リム・マウントと専用ウインドスクリーンが同梱されます。

AES2017 Rock oN レポート Earthworks

価格は¥57,240。間もなく国内発売予定。

Writer : Tsuneyoshi
Earthworks Audio
http://www.earthworksaudio.com

2017_AESNY_1D_2_34_

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年10月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company