閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

19
Oct.2017
REPORT

AES 2017 : Day1 KROTOS


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN


AES 2017 KROTOS REFORMER PRO

AES 2017、KROTOSのブースで新製品REFORMER PROを発見!REFORMER PROは次世代のフォーリーを可能にするソフトウェアです。

↓従来のフォーリーのワークフロー

REFORMERの基本機能

フォーリーは通常 職人が専用スタジオに入り映像にあわせて生の効果音を録音していく方法が主流ですが、REFORMERは任意のライブラリの効果音を別途音声を使ってトリガーして思いのままに表現することができます。メーカーはREFORMERのトリガーには声を推奨しています。つまり、あなたの声の長さやダイナミクスやトーンに追従して動物の鳴き声や地面を蹴る音、銃撃戦の音などを生み出すことができるのです。もちろんリアルタイムで。
まずは実際にREFORMERをどう使うのかを動画で紹介します。

金具がついたカンバス地のカバン「Canvas Bag」のライブラリの音を声を使って出しているのが分かりますでしょうか。「ジュッ、グッ」と低い声ならバックが揺れる音。「チッ、チッ」と高い音ならカラビナが鳴る音が再生されます。こうやって声でタレントの歩幅、踏み込む強さなどを声で表現するわけですね!

動画の中では他にも歩く際にジーンズが擦れる「Jeans Foley」岩場を歩く「Rock」などのライブラリによって一つのシーンを完成させます。

AES 2017 KROTOS REFORMER PRO
AES 2017 KROTOS REFORMER PRO

このREFORMERは2017年6月に無料公開されています。。無料版にはあらかじめクロヒョウの唸り声のライブラリーが入っているので、ぜひご自身の声でクロヒョウを表現してみてください。これ以外のライブラリは有料で購入して使うことができます

REFORMER無料版ダウンロード
https://www.krotosaudio.com/products/reformer/

AES 2017 KROTOS REFORMER PRO

REFORMERは音楽制作でも利用できるんです。ドラムのトランジェントをトリガーにしてエイリアンのスピーチや謎の機械の衝突音を表現するようなこともできます。

REFORMER PRO

さて、ここまで説明した上で新製品のREFORMER PROをご紹介しましょう。

REFORMER PROは349ポンドの有料版。REFORMERの基本機能を全て持ち、機能追加がされています。

  • アナライズ機能。これは自身で用意した独自の音源を解析しREFORMERで使えるライブラリに変えてしまうというもの!あらゆる効果音を超えでコントロールできます。画期的!しかも任意で複数のサンプリングレートでライブラリ化できるため、膨大なライブラリストレージを節約することが可能です。
  • そして新たにX-Yパッドを搭載。マトリクスの4角に4種類のライブラリをアサインし、リアルタイムでブレンドして発音することができます。

例えば先ほどの岩場を歩くシーンで、カメラが足元からだんだん高くなる演出だった場合、岩場>ズボンの擦れ>バッグの揺れ>荒い息 というように音声も変わっていくはず。その複雑な行程を1行程で済ませることができます。

AES 2017 KROTOS REFORMER PRO
AES 2017 KROTOS REFORMER PRO

今やフォーリーは専用のスタジオではなくPCの前で行えるのですね。ライブラリが自身で作れるということで従来の資産も十分活かせます。アイディア次第でミュージック制作にも応用できるREFORMER PROは今後注目されるソフトウェアとなることでしょう!

KROTOS REFORMER PRO
https://www.krotosaudio.com/products/reformer-pro
/

Writer.Tomita


20171019_aes2017_day1_

Question

新製品REFORMER PROが可能にするのは?

Answer

  • fallin’ love
  • foley
  • four leaves

上記の中の正解の言葉がクーポンコードとなります。eStoreでご入力いただき、お手続きが完了した方の中から抽選で1名様に、表記されているスペシャル特価でのご購入権利をプレゼントいたします!
こちらからご注文ください>>
https://store.miroc.co.jp/product/45412

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年10月19日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company