閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

23
Oct.2017
REPORT

AES 2017 Day 3 : OUTBOARD 総集編


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN

Millennia

AES 2017 Outboard by Rock oN

最近ではSweetWarterのマイク50本聴き比べ企画でHV-3Rが「incredibly clear and transparent」という理由でリファレンスマイクプリとして選ばれるなど、さすがクラシック録音現場で定番となった実力をうかがわせるMillennia。そろそろ新製品の情報をとどけて欲しいところです。

AES 2017 Outboard by Rock oN

https://www.mil-media.com

Grace Design

AES 2017 Outboard by Rock oN

AES 2017 Outboard by Rock oN

32nd NAMM TECH AWARDを受賞しているA/D機能付き8chマイクプリアンプのm108。すでに日本でも販売され高い人気を誇ります。色付けなしのマイクプリ、24bit/192kHzのADコンバーター、2chオーディオI/F機能、LANネットワークからwebブラウザでリモートコントロール可能。そしてオプションでDante対応 と、大小問わず現代的なスタジオにスムーズに入ることができる多機能性も評価されています

AES 2017 Outboard by Rock oN
m108の背面、Danteオプション付き。赤いLANケーブルが伸びています。

AES 2017 Outboard by Rock oN

そしてGrace Designといえば、のモニターコントローラー。シルバーがサラウンドソース向けのm906、ブラックがステレオソース向けのm905。どちらもスタジオには欠かせない、ハイエンドなモニコンです。

http://gracedesign.com/

AME NEVE

AES 2017 Outboard by Rock oN

AES 2017 AMS NEVE ブースに新製品 1073 SPXの姿を発見!

AES 2017 Outboard by Rock oN

1073SPXは、もはや伝説となった1073プリアンプに3Band+HFのEQを搭載。48Vファンタム電源はもちろん、フロントにセットされた入力端子に直接E.ギターやベースをさせるD.I機能も搭載。2018年に発売予定のオプションカードを取り付ければ、AESとFirewire接続が可能になります。なぜ今あえてFireWireなのかは憶測を呼ぶかもしれませんが、Marinairトランス搭載の本家1073サウンドをシステムにデジタル入力できるというのは大きなメリットでしょう。さらに1073SPXは電源内蔵で、足元に熱々の電源ボックスを転がす必要もありません。このコンパクトさと仕様を考えるとアーティストや個人ユーザーにも訴求する逸品になりそうです。 US価格は2,700$前後となっています。

https://ams-neve.com/1073spx/

API

AES 2017 Outboard by Rock oN

AESショーで忘れてはいけないのがAPI。昨年のAES 2016で公開されたラージコンソールLegacy AXSが鎮座しています。

AES 2017 Outboard by Rock oN

チャンネルストリップは上から200モジュールシリーズのマイクプリ(212)とLimmiter/Comp(225)、48Busのバスセレクター、500シリーズのEQ、フェーダー、パンという構成。スタジオの小型化、機材のソフトウェア化が進む昨今ですが、やはりアナログコンソールの存在感は永遠のものですね。

https://www.apiaudio.com/index.php

CRANE SONG

AES 2017 Outboard by Rock oN

David Hill率いるCRANE SONGは新製品AD/DAのHEDD Quantumを展示中。HEDD QuantumはフラッグシップモニターコントローラーAvocet IIで採用されたsub pico second jitter clock foundを搭載。優れたステレオイメージングでピュアなサウンドを実現します。またHEDD Quantumは6つのWordClockを搭載し、この優れた Clockを他のスタジオ機器を届けます。AD/DAとMaster Clockの複合機としてスタジオ全体のサウンドの底上げを担います。

AES 2017 Outboard by Rock oN
AES 2017 Outboard by Rock oN

http://www.cranesong.com/


20171019_aes2017_day3_1090

Question

名機 Neve1073に搭載され、そのサウンドを特徴付けるトランスの名は?

Answer

  • GOA
  • AVEX trance
  • Marinair

上記の中の正解の言葉がクーポンコードとなります。eStoreでご入力いただき、お手続きが完了した方の中から抽選で1名様に、表記されているスペシャル特価でのご購入権利をプレゼントいたします!
こちらからご注文ください>>
https://store.miroc.co.jp/product/45414

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年10月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company