閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

20
Oct.2017
REPORT

AES 2017 Day 2 :SHURE


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN

2017_AESNY_2_96_

AES 2017 のSHUREブース。さすが大きなブースで広々とした展示が特徴です。

2017_AESNY_2_104_

NAB 2017ショーレポートででもお伝えしたワイヤレスフラッグシップのAXIENT DIGITALシリーズ(AXT)。ShureはこのAES NYで3回もワイヤレス関連のセミナーを開くなどワイヤレスに強い力を入れています。

2017_AESNY_2_105_

そしてそのAxtシリーズなどで使える、マイク延長キット。マイクフラッグを装着するとその分持ち手が短くなるのでこれはナイスアイディアですね!

axient_1
axient-interference-detection_10_cols

Axtスペクトラムマネージメントツールによる障害の回避、RF干渉を発生させない周波数の管理。(たとえ鑑賞したとしても音声の途切れを回避)、送信機のパラメーターをリモートコントロールしパワーマネージメントも可能 などなど.
SHURE Axtシリーズは業務に求められるスペックをフル搭載した、ワイヤレスシステムのフラッグシップです。

2017_AESNY_2_102_

会議などの規模で使われるQLXシリーズほか、様々なラインナップで充実したワイヤレス製品群。

2017_AESNY_2_101_

SHURE製品はもちろんスタジオでも活躍中。マルチパターンのレコーディングマイクのKSM44Aをはじめとしたコンデンサーマイクは独自の最新技術により現代のレコーディング機器にマッチしたサウンド指向を持ちます。トラディショナルに止まらない先進的なSHUREらしい”イズム”を感じるラインナップです。

2017_AESNY_2_98_

そしてプロの現場で鍛え上げられた技術はiOS機器にも応用。小型&高性能のiOSマイクシリーズMotiveシリーズはSHURE謹製のShurePlus™ MOTIV™ アプリで指向性やステレオ幅の調整が可能(機能はハードウェアによる)。このAppにはレコーダー機能もあり、充実したモバイルRECライフが手に入ります。

SHURE
https://www.shure.co.jp/

Writer. Tomita

    記事内に掲載されている価格は 2017年10月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company