閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2017

20
Oct.2017
REPORT

AES 2017 Day2 : Waves


AES 2017 by Rock oN

AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN
AES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oNAES 2017 by Rock oN

2017_AESNY_1D_49_

WAVESはAES 2017に合わせて3つの新製品を登場!

・B360 Ambisonics Encoder
・Nx Ambisonics

2017_AESNY_1D_36_
B360はモノ/ステレオ/サラウンド ソースからAmbisonic Bフォーマットに変換。VR用オーディオを作ることができるエンコーダーです。

いまやYoutubeやFacebookなどで固定された位置から360°視点を楽しめるVR映像が視聴できることはみなさんご存知でしょう。この方式のVR映像で、視野に追従して360°の空間を表現できるシーンベース方式VRオーディオの業界標準としてAmbisonic Bフォーマットが注目されています。

B360はプラグインとして一般的なDAWで使えます。個々のトラックに插して個々の音を球体3次元のマトリクス上にアサイン。位置決めやパニングを行い、Ambisonics Bフォーマットでの書き出せます。またもう一つ、マスタートラックにB360を挿してステレオソースやサラウンドソースをAmbisonics Bとして書き出すことも可能です。

2017_AESNY_1D_33_

そしてB360とはヘッドホントラッキングシステムNxにNx Ambisonicsという機能が追加されました。ヘッドホン上部に取り付けた加速度センサーを使ったトラッキングで頭の向きや傾きに追従するNxにAmbisonicsが対応。B360との連携でより強力なVRコンテンツの制作ができるようになります。

B360と360°カメラがあれば誰でも簡単にVR動画を作ることができます。新しい表現の一つとしてミュージシャンもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2017_AESNY_1D_34_

B360は$299で発売中です。

WAVES B360
https://www.waves.com/plugins/b360-ambisonics-encoder

・Torque

2017_AESNY_1D_43_

Torqueはドラム1つからセットまで、欲しいチューニングを実現するドラムシフター。録音した後に突然キーが変更になっても顔色一つ変えずに対応。録りためたドラム素材の活用にも最適ですね!

2017_AESNY_1D_47_

またTorqueはWaves Liveコンポーネントで使用するとリアルタイム処理ができるため、PA現場で使うことも可能です。コンサート中にドラムのチューニングをサッと補正して響きを整える、なんていうことが簡単にできてしまいます。

Torqueのコアテクノロジーとなる『Organic ReSynthesis』はWaves独自の技術です。これは入力されたサウンドを

  • Pitch
  • Formant
  • Carrier
  • Envelope

の4要素に分解し、それぞれをプロセスして再合成するという高度な技術ということ!それぞれの要素を独立して操作することで、たとえばピッチを変えたとしても他の音の要素はそのまま。明瞭度やトラジェントなどは影響を受けません。これで極めて自然な音質で+-1octもピッチシフトができるわけです。

…さすが天才集団WAVES。凡人の私にはその処理のイメージすらできません。しかし音を聴けば納得。これまでにない極めて自然なピッチシフトです。

2017_AESNY_1D_46_
Organic ReSynthesisテクノロジーはTorqueのほかに、驚異的なフレキシビリティを持つトランジェントデザイナーSmack Attackにも採用されています。これからも様々な製品でこの技術が活かされるということで、非常に楽しみです。

Torqueは¥8,964で発売中です。

WAVES Torque
http://www.minet.jp/brand/waves/torque/

Writer. Tomita


20171019_aes2017_day2_1090

Question

VRオーディオ業界標準として注目されているのは何フォーマット?

Answer

  • B
  • agnès B
  • B’z

上記の中の正解の言葉がクーポンコードとなります。eStoreでご入力いただき、お手続きが完了した方の中から抽選で1名様に、表記されているスペシャル特価でのご購入権利をプレゼントいたします!
こちらからご注文ください>>
https://store.miroc.co.jp/product/45412

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年10月20日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート