閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2018

18
Oct.2018
REPORT

AES 2018 Day1 : Amphion

2018AES_Day1_063re


AES2018 Newyork

パッシブスピーカーという原点回帰により、洗練された「真なる音」を追求するAmphion。今回のAES2018で新製品が展示されているという情報を聞きつけてブースに立ち寄ってみましたが、一見新製品らしきものが見当たらない..と思いきやこんなところにありました!

2018AES_Day1_104re

サブウーファーの新モデル、FlexBase25 system。1つのエンクロージャーに対し2つのユニットが組み込まれている”ステレオウーファー”と専用アンプのシステムです。以前からあるBaseOne25が1台のスピーカーの下にスピーカースタンドのように設置するステレオウーファーだったのに対し、FlexBase25はペアのモニターの真ん中に設置するモデルとなっています。

2018AES_Day1_105re

  • Operating principle:One way closed box, stereo
  • Drivers:2 x 25 cm / 10” aluminium
  • Crossover:Active 4th-order @ 35-260 Hz
  • Max SPL:117dB
  • Frequency response:20 – 260 Hz +/-3dB (low pass) 35 Hz – 200 kHz +/-3dB (high pass)
  • Weight:50 kg / 110 lb
  • Handmade in Finland

さらにFlexBase25 systemは専用のアンプもあり、レベル調整、クロスオーバー周波数の調整、モノからステレオへの可変など、従来のAmphionのアンプより非常にフレキシブルな操作性が特徴です。

2018AES_Day1_106re

映像の世界ではモノラルのサブウーファーが一般的ですが、音楽制作ではたとえ低域であろうとも全ての周波数帯域がステレオであるべきだというAmphionの創設者Anssi Hyvönen氏の考えによって生まれたステレオサブウーファー。またもやモニターシステムに革新が生まれるのではないかと、これからのAmphionの動向が非常に気になりますね。

価格は$4,750です。日本での発売はInter BEE以降になるのではないかとのことでしたがまだ明確には決まっていない模様。うーん待ち遠しい!

Amphion
https://amphion.fi/

Writer.アレシア美奈子


AES2018 Newyork

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年10月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company