閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2018

18
Oct.2018
REPORT

AES 2018 Day1 : Amphion

2018AES_Day1_063re


AES2018 Newyork

パッシブスピーカーという原点回帰により、洗練された「真なる音」を追求するAmphion。今回のAES2018で新製品が展示されているという情報を聞きつけてブースに立ち寄ってみましたが、一見新製品らしきものが見当たらない..と思いきやこんなところにありました!

2018AES_Day1_104re

サブウーファーの新モデル、FlexBase25 system。1つのエンクロージャーに対し2つのユニットが組み込まれている”ステレオウーファー”と専用アンプのシステムです。以前からあるBaseOne25が1台のスピーカーの下にスピーカースタンドのように設置するステレオウーファーだったのに対し、FlexBase25はペアのモニターの真ん中に設置するモデルとなっています。

2018AES_Day1_105re

  • Operating principle:One way closed box, stereo
  • Drivers:2 x 25 cm / 10” aluminium
  • Crossover:Active 4th-order @ 35-260 Hz
  • Max SPL:117dB
  • Frequency response:20 – 260 Hz +/-3dB (low pass) 35 Hz – 200 kHz +/-3dB (high pass)
  • Weight:50 kg / 110 lb
  • Handmade in Finland

さらにFlexBase25 systemは専用のアンプもあり、レベル調整、クロスオーバー周波数の調整、モノからステレオへの可変など、従来のAmphionのアンプより非常にフレキシブルな操作性が特徴です。

2018AES_Day1_106re

映像の世界ではモノラルのサブウーファーが一般的ですが、音楽制作ではたとえ低域であろうとも全ての周波数帯域がステレオであるべきだというAmphionの創設者Anssi Hyvönen氏の考えによって生まれたステレオサブウーファー。またもやモニターシステムに革新が生まれるのではないかと、これからのAmphionの動向が非常に気になりますね。

価格は$4,750です。日本での発売はInter BEE以降になるのではないかとのことでしたがまだ明確には決まっていない模様。うーん待ち遠しい!

Amphion
https://amphion.fi/

Writer.アレシア美奈子


AES2018 Newyork

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年10月18日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company