閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2018

18
Oct.2018
REPORT

AES 2018 Day1 : Apogee

2018AES_1Day_001

AES2018 Newyork

Apogeeブースでは先日発売したばかりのApogee Jam+はもちろんのこと、新たに2つの新情報が公開されました!

Symphony I/O MkⅡがDante対応に!

同社のフラグシップオーディオインターフェイスであるSymphony I/O MkⅡ。いままでThunderbolt・Pro Tools HD・Waves SoundGrid Networkの3つのプラットフォームに対応していましたが、今回4つ目のプラットフォームであるDante Networkのオプションカードを発表しました!

2018AES_Day1_027re

Apogee謹製のAD/DA品質で96kHzで最大32の双方向チャンネル、192kHzまでの最大16の双方向チャンネルの伝送が可能です。現在はまだプロトタイプで、詳細な発売日・価格については年内に発表予定です。

2018AES_Day1_029re

さらにApogeeのプロダクトスペシャリストであるCarl Himmelman氏に同製品について紹介していただきましたので、こちらは動画でご覧ください!

Apogee FX Rackに新たなプラグイン追加 & トライアル版リリース!

前回のNAMM 2018で話題になったEnsemble ThunderboltとElementシリーズの内蔵FPGAベースで動作するプラグインシステム、FX Rack。ダイナミクスおよびEQプラグインとして、DAW上のネイティブ・プラグインとして、またApogeeインターフェイス上でハードウェア・ベースのFPGAエフェクトとして動作します。ハードウェア入力とリンクさせるパラレル・オペレーションが可能なため、複雑になりがちな低レイテンシー・プロセッシングのワークフローを、よりシンプルに扱うことが可能になります。

2018AES_Day1_035re

前回はモダン・ダイナミック・プロセッサー「ModComp」や7バンド・モダンEQ「ModEQ 6」などが顔見せしましたが、今回新たにPULTECスタイルのヴィンテージEQ「EQP-1A」とオプトタイプのヴィンテージコンプレッサー・リミッター「Opto-3A」が登場しました!

2018AES_Day1_103re

そしてAES初日である現地時間10月17日よりEnsemble・Elementシリーズユーザーはトライアル版がダウンロード可能に!新規でEnsemble、Elementシリーズを導入しても後からトライアル版がダウンロード可能です。

こちらもCarl Himmelman氏によるFX Rackについての紹介動画がありますので、合わせてご覧ください。

AES最終日にプロダクトスペシャリストのCarl Himmelman氏よりFX Rackについてさらなる情報を入手いたしました!

Ensemble・Element 24・Element 46・Element 88のハードごとにはプラグインの処理能力の差はないとのことです、そのためユーザーはプラグイン処理能力ではなく純粋に入出力数などでハードを選ぶことができます。

また、プラグインインサート数はPultecスタイルのEQP-1Aなら40本インサート可能です。

また、現在Ensemble、Elementシリーズのユーザー向けに配布されているのはあくまでもCPUベースのNative版。2-3週間後にFPGA版がリリースされ、Ensemble・Elementユーザーは永久ライセンスが後日付与されるとのことです。

今回追加された「EQP-1A」はPultec社に事前に開発許可を得てから開発がスタート、プラグイン自体は全てApogeeが作っていますが、開発途中で何度もPultec社がサウンドチェックを行っています。現在Pultec社の製品を模したプラグインは数多くありますが、今回の「EQP-1A」は唯一そして初のPultec社のオフィシャルプラグインなのです。

Apogee
https://www.apogeedigital.com/

Writer.アレシア美奈子

AES2018 Newyork

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年10月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company