閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2018

18
Oct.2018
REPORT

AES 2018 Day1 : Waves

2018AES_Day1_014


AES2018 Newyork

AES 2018のWavesブースでSoundGrid の新製品Mobile Serverを発見!

2018AES_Day1_019

これまでになかったコンパクトな筐体と「Mobile」という名前に興奮が抑えきれません!が、詳細はDAY2以降のレポートでじっくりお伝えします。ここではWavesプラグインの新製品『Abbey Road TG Mastering Chain』をご紹介しましょう。

Waves Abbey Road TG Mastering Chain

abbey-road-tg-mastering-chain

Abbey Road TG Mastering ChainはAbbey Roadのマスタリングスタジオ Room5に鎮座する、ソリッドステート構成のモジュール式システムのEMI TG12410を精巧にプラグイン化した製品です。

TG124101

TG124102

TG124103

モデリング元となったEMI TG12410は70年代初頭から現在もなお使われていて、Wavesの発表では以下のようなビッグタイトルのマスタリングで使用されてきました。

  • Pink Floyd / The Dark Side of the Moon
  • Nirvana / In Utero
  • Radiohead / OK Computer
  • Ed Sheeran / +
etc…

そのサウンドをそのままプラグイン化したAbbey Road TG Mastering Chainは以下の5つのモジュールで構成されています。

  • TG12411 Input Module
  • TG12412 Tone Module (EQ)
  • TG12413 Compressor/Limiter Module
  • TG12414 Filter Module
  • TG12416 V.A.L (Spread) Module (stereo component only) incorporated into the Output Module.

これらモジュールは Input ModuleとOutput Module以外は自由に入れ替えができ、ドラムバスやミックスバスなど状況に適したルーティングを楽しめます。

Compressor/Limiter ModuleはOriginal/Modernのモード切り替えができます。Originalは実機のツェナーダイオードコンプの挙動を再現。ModernはWavesとAbbey Roadの共同デザインのサウンドで、ハイスピードなVCAコンプの特徴を持ち、高いコンプレッションでも原音が損なわれにくい現代的な音楽に求められるテイストになります。

GUIに関しては、ぱっと見でコンパクトにまとまったモジュールですが、じつはExpanded Viewに切り替えることでステレオの左右に別々の処理を施すことも可能。MONO/STEREO/MSモードを選択できるボタンもあります。

abbey-road-tg-mastering-chain-1

そしてユニークなのがMeter Bridgeです。PPM メーター、VUメーター、位相メーターの3つが一つになったこのメーターはメインのモジュールとは別ウィンドウで立ち上がるのですが、そのプロジェクトで立ち上げられた全てのAbbey Road TG Mastering Chainと連携していて「TRACK NAME」で任意のトラック/バスを選ぶだけでその音の状態を表示します。つまりAbbey Road TG Mastering Chainをたくさん挿していたとしてもこのメーターウィンドウは常に1つ立ち上げておけばよいということですね。

時代を超えて未だ人々を魅了するブリティッシュサウンドをプラグインならではの利便性で使えるTG Mastering Chainプラグインは$39で現在発売中です。

Waves
https://www.waves.com/plugins/abbey-road-tg-mastering-chain

Writer.Tomita


AES2018 Newyork

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年10月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company