閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
AES2018

19
Oct.2018
REPORT

AES 2018 Day2 : AEA

2018AES_Day2_019re


AES2018 Newyork

AEAのブースではR84、N22、そして新製品であるKU5Aを同社のRPQ500を用いての試聴が展開されています。

余談ですが同社のノベルティバッグが眩しいレッドにベージュのAEAロゴが映えて、非常にかわいいです!会場でも多くの方が持ち歩いているのを見かけました。こういうところも展示会の醍醐味ですね。

2018AES_Day2_020re

さてそんなAEAの新製品はスーパーカーディオイドのリボンマイク。いままでAEAのリボンマイクは様々な用途で使用できるよう、あえて指向性が広いモデルが多かったのですが、今回はボーカル・ドラム・ギターの録音に特化した近距離録音用のマイクです。

2018AES_Day2_021re

ポップガードなしでも近接効果を出さないようHPFが内蔵されています。今までのAEAのラインナップの中でもしっかりと部品を保護しているので、グリルに向かって直接歌うことができます。またAEAの得意とするファンタム48Vでの駆動するアクティブリボンを採用しているため、従来のリボンマイクより大きな出力が特徴。これにより高出力のプリアンプを選ぶ必要がなく、オーディオインターフェースのプリアンプでも問題なく力を発揮させることが可能です!

「君たちRock oN Companyかい!?じゃあ気合い入れないとね!」と言ってなぜか上着を脱いで意気揚々と語ってくれたセールス・マーケティング担当のSammy Rothman氏(動画向かって右)と、チーフエンジニアのNathan Bowers氏(動画向かって左)のお二人に、KU5Aの魅力について伺った動画をご覧ください!

KU5A スペック

  • Operating Principle: Pressure gradient transducer
  • Directional Pattern: Supercardioid
  • Frequency Range: < 20 Hz to >20 kHz
  • Maximum SPL:135 dB SPL (1% third harmonic > 1 kHz)
  • Sensitivity:-43dBv (at 1 kHz, no load)
  • Output Impedance: 92 Ω broadband
  • Load Impedance: 1.0 kΩ or greater
  • Phantom power: Requires 48V Phantom Power
  • Polarity:Pin 2 high for positive pressure at the front of the microphone.
  • High-Pass Filter:6dB/Octave Shelf at 283hz
  • Off Axis Response:Relative Output at 180°: 12dB
  • Angle of Maximum Rejection:135°
  • Transducer Element Material:Pure aluminum corrugated ribbon
  • Thickness:1.8 μm
  • Width:0.55 in (1.4 cm)
  • Length:1.175 in (2.9 cm)
  • Height:15 in (38.1 cm)
  • Width:3.9 in (9.9 cm)
  • Weight:2 lb 9.8 oz (1.19 kg)
  • Shipping weight:4 lb (1.8 kg)
  • Connector:XLR-3M wired to a 3 meter captive cable
  • Accessories Included:Storage case, user manual

AEA
https://www.aearibbonmics.com/

Writer.アレシア美奈子


AES2018 Newyork

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年10月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company