閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

05
Apr.2016
REPORT

Audio-Technica

Prolight + Sound 2016 RockoN Audio-Technica


日本メーカーの雄Audio-Technicaはヨーロッパでも高い人気。アメリカでもそうですがこのメーカー海外でのほうが 評価が高く感じるのは筆者だけでしょうか? 今回のProlight & Sound 2016に合わせてATM350aシリーズを発表しています。これまでに有ったATM350をブラッシュアップする楽器用のミニチュア・コンデンサーマイクのラインナップ。アタッチメントの形状、耐音圧により一気に6種類が登場しました!!この小ささながら、ローカットスイッチをもった単一指向のモデルとなっています。耐高音圧でなんと159dBsplというスペックを持ちます。また発売は夏頃の予定ということです。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica


先ずは、マグネットでの固定をするピアノをターゲットとしたモデル。アタッチメントとセットではATM350Pという型番が与えられます。”THE NEW BENCHMARK”というキャッチコピーにその自身が現れていると思いませんか?早く音を聴いてみたいモデルですね。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica


このような使用も可能AT8491Pというのがこのマグネットマウントの型番。このマウント単体でも人気がでそうな非常に作りの良い製品。しっかりと固定されフレキシブルなグースネックでターゲッティングするという作り。大きな振動にさらされるピアノ内部で固定できるということで非常に強力なマグネットが使われているということ。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica


こちらはVioline、金管楽器などでの利用を想定したクリップタイプのモデル”ATM350U”。このクリップにこだわりがあり、点接触になっているために楽器本来の響きを殺さない工夫がされているということ。マイクをつけたら楽器が鳴らなくなったということが内容に作られているということです。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica


そして、こちらはドラムを想定して作られた”ATM350D”ガッチリとしタクリップが特徴。リムのネジをガッチリとホールドする独特な形状により確実なホールドを確保しているということです。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica


昨年のNABで発表されたBroadcast用のBP40。他にもイアフォン、ヘッドフォン、ワイヤレスシステム等大きなブースでラインナップが展示されていました。

Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica


Prolight + Sound 2016 RockoN ショーレポート Audio-Technica

Audio-Technica >>

Writer Yosuke

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company