閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

08
Apr.2019
REPORT

Avid Connect 2019 Day 2 : General Session

_DSC4836

AVID Connect 2日目のGeneral Sessionは、ACA(Avid Customer Assosiation)が中心となりユーザーボイスを集めるVoteの集計結果の発表です。VoteはユーザーがAvidのプロダクトに対してのリクエストをアンケートしそれを集計したものです。

皆様の要求と同じものがあるのでしょうか?このsessionの司会は、AVID Vice President Market Solutionsの肩書を持つColleen Smith氏。

_DSC4835

これまでに様々なユーザーからのリクエストを受けて、機能の開発を行ってきたということが強調されます。そして昨年一年で実現した新機能は…

_DSC4842

こちらのスライドにあるように88ものリリースが行われたということです(AVIDの各種製品の総合とはなりますが)。Pro Tools, Media Composer,Sibelius以外にもNEXIS,S6Lなどすべてのプロダクトを集めるとかなりの数になりますね。

_DSC4843

そしてついに今年のVoteの集計結果の発表。各プロダクトごとに集計が発表されました!

_DSC4847

まずはどのようなユーザーがVoteを行ったかのレポート。4400以上のVoteがあり、そのうち525件がエンタープライズユーザーで1500件が個人のユーザーということ。意外にも個人のユーザーの投票が多いことがわかります。

_DSC4848

Voteのプロダクト別の割合がこちら。Pro Tools,MEdia Composerといったところが多いのは想定どおりですが、NEXIS,Coludが13%,Media Centralが9%というのは、かなり多いと感じます。AVIDプロダクトのヘビーユーザーからのVoteが多いということの裏返しと考えてもいいと思います。

_DSC4862

ここからは各プロダクト別のVoteの実際の修家結果が発表です。

まずはPro Toolsから。この上位5件のリクエストに異論のある方はいないでしょう。フォルダートラック、フォルダークリップ機能がトップ。他チャンネルの取扱が用意になったものの、このような整理を行う機能はVCA Faderが唯一という状況が続いています。これはいち早く実現して欲しい機能の一つですね。昨今集中的にブラッシュアップが図られているコンポーズ向け機能の強化が上位2位、3位に入ります。やはりまだまだ欲しい機能がたくさんあるということがわかります。

4位にはセッション間データ移行。そもそもマルチセッションのオープンがしたいという要望もありますが、データの移行というシンプルなところが更に便利になるといいですね。

5位は、ビデオエンジン。これもPro Toolsの課題の一つ。4k対応や、各種フォーマットへの対応など今後必要となる機能は多数あります。

_DSC4859

上位20位までの詳細はこちら。字が小さいですがご興味ある方は是非ともご覧になって下さい。

_DSC4868

次はコントロールサーフェースに対してのVote。EuConを採用したArtist Mix,S3,S6がその対象となります、

見ての通りの機能が多いですが、3位のI/O Punch Meterというのが個人的には新鮮に感じました。Punch Inを行う際にプレイバックとRec両方のメーターを同時に表示させるというもの。レベルマッチを監視しながらパンチ員を行うことができるようになるということですね。確かにこれはあったら便利だと思います。

_DSC4865

コントロースサーフェスに対しての、それぞれの項目の詳細がこちらです。

_DSC4873

そしてシベリウスに対してのVote上位5位。Upgrade UIとあるのが特徴かと思います。シベリウスがそろそろ大規模な更新を行うタイミングになっていることがわかります。

_DSC4880

そして、こちらがMedia Composerに対しての上位5件。多くのリクエストを集めたMedia Composerですが、今回のAvid Connect 2019で発表となったMedia Composer 2019.5でかなりのVoteを実現していることがわかります。(Media Composerの記事へのリンクお願いします。)

_DSC4877

それらの詳細がこちら。今回のVoteの中で一番多くのリクエストを集めていたのがこのMedia Composerでした。
ここからは、写真でお届けします、Media Central,NEXIS,Maestro,FastServe,LiveSoundへのそれぞれVoteとなります。

NEXIS

_DSC4886

_DSC4883

Media Central

_DSC4892

_DSC4889

Maestro

_DSC4896

_DSC4894

FastServe

_DSC4902

_DSC4900

Live Sound

_DSC4908

_DSC4906


今後これらの要望にAvidはどのタイミングで答えることができるのでしょうか?世界のユーザーお意見を集約するというこのVoteは非常に興味深いものです。

みなさんも意見をお持ちであればVoteに参加してみてはいかがでしょうか?

Writer.Yousuke

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月8日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company