閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

08
Apr.2019
REPORT

Avid Connect 2019 Day 2 : Media Composer 2019の機能

P4070939

1989年、初めてのノンリニア編集「Avid 1」がここNABで発表されその30年という節目に、Avidの主力製品であるMedia Composerのインターフェースが刷新されることが発表されました。

Avid Connectには創設者であるBill Wanerや、Media Composerの設計者でもあり自身がフィルムのエディタであったTom Ohanianも会場に姿を見せ、長年のユーザーからは喜びの声が多く聞こえました。

それでは今回発表されたMedia Composerの機能を紹介していきます。

_DSC4741

Avid Connectで真っ先にお目見えした新しいUIです。パネルベースなので、左のバーの部分や下の部分を拡張したり縮小すると、その大きさに合わせて隣のパネルも縮小/拡大します。

そして右側のボタンに注目です!どこかでみたような。
もちろん今までのようにフローティングで使いたい方は、そのままでも使用できるようです。

第一印象はDavinchのようでもあり、Adobeのようでもありといったところでしょうか。

P4070925

一番左はプロジェクトの一覧で、そのプロジェクトを選択するとビンが表示されます。プロジェクトウィンドウという概念がなくなり、プロジェクトを閉じるときはファイルメニューからClose Projectを選択するようになるようです。

左側のバーにあるタブのようなものはいくつも配置でき、この写真の場合エフェクトパレットとビンの表示をこのタブのようなもので切り替えができるようにしてあります。スペースを効率よく使える仕組みになっていますね。

P4070928

これはビンマップという機能だそうです。フレーム表示のときビンのエリアが狭いと隠れてしまうクリップがでてきてしまいますが、この機能を使えばビン全体を探すことができます。

P4070932

P4070931

Inspectorというウィンドウです。クリップの名前が長かったりメタデータを詳しくしりたい時には、インスペクターで表示できます。

クリップインフォのようなものですが、表示したくない情報はコラムの表示/非表示と同じように選択して隠すことができます。

P4070935
P4070936

プロジェクトウィンドウがないとSettingsはどこにあるのかと思ったら、Fileメニューの中にありました。

ここまでUIが変わってしまうと、今まで使ってきた設定が使えなくなってしまうのではないかと心配になりますが、キーボードなどの設定も含めて前のバージョンで使っていたものを引き続き使えるそうです。

P4070944

新しいエフェクトモード

エフェクトモードに入ってからエフェクトがかけられるようになります。その他にもキーフレームに関することなど便利に改良されてます。

P4070946

トリムモードのボタン化

タイムラインの左側のスペースがもったいないと思った人は多かったはずです。この機能を使う・使わないの選択と省スペース化が履かれてます。

さらに小さな変更ですが、リフトボタンのアイコンが戻ってきて、長年のユーザーからは拍手も起こってました。

P4070949

P4070950

UIのカラー選択

固定のカラーではなく、細かく選べます。クリップカラーも32色になるということです。

_DSC4751

_DSC4728

32bit floatのサポート、 8K、16K、HDR、様々なカラースペースに対応するために、ACESプログラムに参加し実装への取り組みをしていくことになるようです。

_DSC4730

また次世代のAvid Media Engineは、様々なビデオやオーディオストリームをサポートしていきつつ、Live Timelineやバックグラウンドレンダリングをより便利にして、ポストプロダクションワークフローをスピードアップするとのことです(やっと感はありますが)

そして今回は待望のop1aにネイティブ対応、IMFファイルのエクスポートが可能になります。

そしてこのMedia Composer 2019は5月にリリース予定だそうです。

Writer. Tanji

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月8日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company