閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

05
Apr.2016
REPORT

AVID

Prolight + Sound 2016 RockoN AVID


AvidはProlightの会場でフラッグシップ・ライブコンソール”S6L”を展開。つい先日のVENUE Ver 5.1だけではなく、登場が予定されていたDante Moduleがついにその姿を表しました。更には2台のS6Lからの1台のStage Boxを共有するというAVBをバックボーンとして採用している”S6L”ならではのNetwork Audioの広がりが一歩ずつ実現しています。動画でその実際の姿を先ずはご確認下さい!!


Prolight + Sound 2016 RockoN AVID


やはり注目はDanteでしょう。”S6L”はAVBと呼ばれる汎用性の高いAoIP(Auiod over Internet Protcol)を採用していますが、他社製品との互換性に関しては先行して登場しているDanteに一歩譲っている印象が拭えませんでした。今回のDante対応でYAMAHAなどのDante対応機器との接続を実現、他社製品と組み合わせての柔軟なシステムアップを現実のものとします。Ver.5.1で実現した最大3台のStage Boxの接続によりより多くのニュ出力をハンドリングすることが可能となった”S6L”はDanteにより更なる広がりをもったと言えるでしょう。

更にユーザー待望の2台の”S6L”でのStage Boxの共有。まさにAoIPの真骨頂といえるこの機能がAVID AVBでの実現する模様。Pro Light & Soundの会場では2台からの共有を動態展示していました。この機能の実装は近い将来行われることになりそうですね!!

Prolight + Sound 2016 RockoN AVID

AVID >>

Writer : Yosuke

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月5日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decim…
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decimator Design
    今がオススメ!IK Multimedia iLoud Micro Monitor…
    今回は世界最小クラスのニアフィールドモニターの3つのポイントをご紹介!
    IBC 2019 : ihse / Panasonic / リーダー電子
    ihse / Panasonic / リーダー電子では最新のソリューションや新製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    IBC 2019 : theatrixx technologies
    theatrixx thechnologiesは、なんと電源部を内蔵したビデオコンバーターがラインナップ。
    IBC 2019 : Lectrosonic
    マイクメーカーLectrosonicsはワイヤレス製品を中心に展示していました。
    IBC 2019:Switchcraft
    パッチ盤で有名なSwitchcraftからはPAで役立ちそうな2つの新機種、そして12G対応のパッチパネルが登場!
    IBC 2019:Carlec
    放送用コンソールで高い評価のメーカーCarlecは、IP対応製品を中心に展示!
    IBC 2019:Yellowtec
    マイクマウントシステムm!kaが有名なYellowtecは、個人制作ユーザー向けの新製品を展示!
    IBC 2019 : Fraunhofer
    圧縮コーデックMPEGの生みの親でもあるドイツの産学連携機関Fraunhofer。
    IBC 2019:Voice Technologies
    ミニチュアマイクメーカーVoice Technologiesは極小イヤーモニターを展示!
    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company