閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
InterBEE2016

16
Nov.2016
REPORT

InterBEE2016 : 宮地楽器 輸入事業部M.I.D

mid01



M.I.Dブースは、ProTools & 各種アウトボードにより、プロダクション環境を疑似体験できるセットアップ。その中でも目を惹いたのが以下の3製品です。

Slate Digital RAVEN MTi2 Multi-Touch Production Console

mid02


タッチパネルによるDAWコントロールインターフェース。マルチタッチによる操作性は複数フェーダーの同時コントロールや不フェーダー+EQつまみの同時コントロールなど、あたかもフィジカルなコンソール時代に当然だった操作体系をディスプレー上で可能にしてくれます。視覚だけに頼らない、あくまでも耳を判断基準としたミックス作業に導いてくれるツールである製品では??

>> http://miyaji.co.jp/MID/product.php?item=RAVEN%20MTi2

Slate Digital VMS Virtual Microphone System
mid03

コンデンサーマイクと専用マイクプリアンプによる組み合わせ。Neumann/U47やTELEFUNKEN/ELA M 251といった有名なマイクサウンドの数々をヴァーチャルに再現します。これまで、ソフトウェアでこの種の製品がいくつか発売されてきましたが、この製品はハードウェアとソフトウェアの複合技術で実現。スーパーフラットで、極めて色付けのない専用コンデンサーマイクでサウンドを収録することで、ソフトウェアへと渡すサウンドの基準を収録時点で揃へ、よりシミュレーションの精度を上げることが可能です。


SLATE CONTROL

mid04


国内に到着したばかりということで参考出展。国内販売予定は現時点で未定とのことでしたがSLATE CONTROLの姿が。RAVEN MTX mk2のモニターセクションを独立化させた製品です。

>> http://www.slatemt.com/products/slate-control/


そしてM.I.Dは、今回のInterBEE2016で設けられたヘッドフォン/イヤフォンの特設コーナー「INTER BEE EXPERIENCE X-Headphone」セクションにドイツ Fischer Ampsブランドのイヤホンを展示展開。主にステージ(演劇、コンサート)ユースをターゲットにしたユニバーサルタイプ。エルゴノミック・デザインに基づいたシェルのフィット感はカスタムタイプに迫るほど。サウンドの傾向はハイファイで、クリーンできめ細かさが特徴。

http://miyaji.co.jp/MID/brand.php?maker=Fischer%20Amps

mid06


mid05

Writer. Tsuneyoshi

宮地楽器 輸入事業部M.I.D

http://miyaji.co.jp/MID/index.php

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年11月16日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Antelope 10MX が期間限定 15%OFFキャンペーン中! 4/30ま…
通常価格に比べ ¥117,936 もお得で、さらに10025ポイントをゲット!4/30まで
NAB2019 DAY4 : Avid
MTRX Digilink Moduleのプロトタイプを使ったシステムアップが行われていました。
NAB2019 DAY4 : soundwhale
遠隔地を映像と音声で結んでリモートレコーディングや、ディレクティングを実現するソフトウェアを展示。
NAB2019 DAY4 : iZotope
NAB2019 会場でのiZotopeは やはりRX7中心の展開!
NAB2019 DAY4 : Western Digital
G-TechnologiesからはSSDの新製品、SanDiskからもポータブルSSDが登場!
NAB2019 DAY4 : Decimator Design
スケーラーとフレームレートコンバーション搭載のHDMI-SDI 4Kコンバーター「12G-CROSS」新製品登場!
NAB2019 DAY3 : APOGEE
WAVES/DiGiGridのブースでなんとAPOGEEの新製品を発見。おなじみSymphony I/O mk2のSoundGrid Option搭載モデルがありました。 見た目は、普通のAPOGEE Symphony [……
NAB2019 DAY3 : LAOWA
中国のレンズメーカーLAOWAは、非常にユニークなプローブレンズを中心に展示!
NAB2019 DAY3 : Fraunhofer
従来の生放送向けの機器とは別に、制作向けツールが登場しています。
NAB2019 DAY3 : NEUTRIK
従来のアナログコネクターだけではなくUSB-Cが登場!
NAB2019 DAY3 : DYNAMOUNT
DYNAMOUNTはPCからのリモートシステムでマイクの向きを自由に変化できる製品が展示!
NAB2019 DAY3 : Z CAM
Z CAMというカメラメーカーが今年はなんとシネマカメラのリリース!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート