閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
InterBEE2016

18
Nov.2016
REPORT

InterBEE2016 : ZOOM

ZOOM全景

AEC、IBCではSLRに最適なポータブルレコーダーの出品で毎回話題となるZoom。今回も期待通りの製品ラインナップで私たちを迎えてくれました。

ZOOM Q2n全景

Q2n
“ミュージシャンのためのカメラ”。一見、スマホに取り付けるオプションカメラのように思えますが、これ単体で機能します。手のひらサイズでとても 小さく、単三電池2本を含む重量もたったの150g前後。iPhone 7 Plusが188r、iPhone 6sが143g、といえばその軽さが分かるでしょうか。

メディアにはSDカードを利用し、MPEG-4 AVC/H.264 で録画。最高解像度はHD 1080p / 30 fpsということで、Toutube配信であればちょっとした作品作りにも応用できるスペック。5段階のデジタルズームやシーンセレクトと呼ばれる風合いのプリセットで、簡単にムーディーな動画が作れます。

マイクは120° XY ステレオ方式。全面グリルに凹凸が付いているのは、ユーザーにXYステレオマイクを認識させるためのデザイン加工ということです。

これで2万円前後ということですから驚きです。気軽な弾いてみました動画から作品作りまで楽しめそうです。また単純に、GoProのようなハンディカメラとしてもこのコンパクトさが活きると思います。この価格であれば複数個の導入も面白そうですね。

ZOOM F8

F8
“プロレベルの映像作家やサウンドデザイナーのためのフィールドレコーダー” F8。

24ビット/192kHzでハイレゾコンテンツに対応。EIN -127dBuの超低ノイズ設計のマイクプリアンプを8基搭載。それぞれに独立したリミッターも付いています。そのほか24時間で誤差0.5フレーム以内の高精度なTCXO タイムコードを搭載し、BNCによるジャムシンクも可能。

メディアは最大512GBまでのSD/SDHC/SDXCカードに対応。SDカードスロットは2基用意され、冗長性をキープ。本体下部にある三脚ネジ穴があり、付属のカメラマウントアダプタを使用すれば、DSLRカメラをマウントすることも可能。

ZOOM iOSアプリ『F8 Control』

Bluetooth搭載のF8は、iOSの『F8 control』で遠隔操作ができます。録音、再生、停止、早送り、巻き戻し、パン、フェーダーレベルまで、基本操作が行え、さらにバッテリー残量やタイムコードのモニターとしても利用できます。

ZOOM F4

F4
F8同等のマイクプリアンプを備えたマイクプリ4基モデルのF4。ZOOMマイクカプセルインプットを装備し、最大6トラックとステレオトラックの合計8トラックのマルチトラックレコーディングが可能。

Writer. Tomita

ZOOM
https://www.zoom.co.jp/ja

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年11月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company