閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
InterBEE2016

18
Nov.2016
REPORT

InterBEE2016 : ZOOM

ZOOM全景

AEC、IBCではSLRに最適なポータブルレコーダーの出品で毎回話題となるZoom。今回も期待通りの製品ラインナップで私たちを迎えてくれました。

ZOOM Q2n全景

Q2n
“ミュージシャンのためのカメラ”。一見、スマホに取り付けるオプションカメラのように思えますが、これ単体で機能します。手のひらサイズでとても 小さく、単三電池2本を含む重量もたったの150g前後。iPhone 7 Plusが188r、iPhone 6sが143g、といえばその軽さが分かるでしょうか。

メディアにはSDカードを利用し、MPEG-4 AVC/H.264 で録画。最高解像度はHD 1080p / 30 fpsということで、Toutube配信であればちょっとした作品作りにも応用できるスペック。5段階のデジタルズームやシーンセレクトと呼ばれる風合いのプリセットで、簡単にムーディーな動画が作れます。

マイクは120° XY ステレオ方式。全面グリルに凹凸が付いているのは、ユーザーにXYステレオマイクを認識させるためのデザイン加工ということです。

これで2万円前後ということですから驚きです。気軽な弾いてみました動画から作品作りまで楽しめそうです。また単純に、GoProのようなハンディカメラとしてもこのコンパクトさが活きると思います。この価格であれば複数個の導入も面白そうですね。

ZOOM F8

F8
“プロレベルの映像作家やサウンドデザイナーのためのフィールドレコーダー” F8。

24ビット/192kHzでハイレゾコンテンツに対応。EIN -127dBuの超低ノイズ設計のマイクプリアンプを8基搭載。それぞれに独立したリミッターも付いています。そのほか24時間で誤差0.5フレーム以内の高精度なTCXO タイムコードを搭載し、BNCによるジャムシンクも可能。

メディアは最大512GBまでのSD/SDHC/SDXCカードに対応。SDカードスロットは2基用意され、冗長性をキープ。本体下部にある三脚ネジ穴があり、付属のカメラマウントアダプタを使用すれば、DSLRカメラをマウントすることも可能。

ZOOM iOSアプリ『F8 Control』

Bluetooth搭載のF8は、iOSの『F8 control』で遠隔操作ができます。録音、再生、停止、早送り、巻き戻し、パン、フェーダーレベルまで、基本操作が行え、さらにバッテリー残量やタイムコードのモニターとしても利用できます。

ZOOM F4

F4
F8同等のマイクプリアンプを備えたマイクプリ4基モデルのF4。ZOOMマイクカプセルインプットを装備し、最大6トラックとステレオトラックの合計8トラックのマルチトラックレコーディングが可能。

Writer. Tomita

ZOOM
https://www.zoom.co.jp/ja

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年11月18日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company