閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

10
Apr.2016
REPORT

LEWITT


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


FETとチューブサウンドを1本で切り換えられるLCT 940、ダイナミック式とコンデンサー式 2つのダイヤフラムを1本のマイクに仕込んだキック用マイクDTP 640 REX 等々、これまで見たことも無かったような、しかしこんなマイクがあればいいのに、というアイディアをプロダクトに昇華し続けているLEWITT。

先日のNAMM2016でアナウンスされていたLCT640 TS。musikmesse2016 LEWITTブースでも、注目を集めていました。

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


LCT640 TSはラージダイヤフラムのコンデンサーマイク。フロントとバックにそれぞれダイヤフラムを持つデュアルアウトプットモードが1番の特徴。同梱されるプラグイン “Polarizer”との併用で、例えレコーディング後でも指向性をオムニ〜フィギュア8までシームレスに細かく変化させることが可能になり、レコーディングしたサウンドの空間イメージをコントロールすることが出来ます。

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


また、他にマイクを用意する事無く、LCT 640 TSのみでM/Sレコーディングを行う事が出来ます。この場合、フロントのダイアフラムがleft-sideチャンネル対応になり、バックのダイアフラムがright sideとして働きます。DAW上で2つのトラックを作り、それぞれの入力をフロント、バックに割当てミックスでステレオ幅を調整しれば、M/S方式による広がりを作る事ができます。

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT

出荷開始は5月の予定です。

LEWITT >>

Writer : Tsuneyoshi

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


nab_index_02nab_index_04
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月10日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company