閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

07
Apr.2016
REPORT

Microtech Gefell

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート Microtech Gefell

ドイツの老舗マイクメーカー Microtech Gefellからも新製品の登場です。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート Microtech Gefell

CardioidのM300とHyper CardioidのM310にならんで展示されているセンターのマイクが今回の新製品M320。もちろんM300、M310をベースとして開発された無指向性のモデル。M300とM310の子供というコンセプトだそうで、隣に展示さているスペックシートのタイトルは「出生証明書」。老舗でもユニークさは忘れませんね。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート Microtech Gefell

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート Microtech Gefell

また、ブースにはすでに完売してしまったGefell M7も展示されていました。文字盤部分は1947年に生まれた名機・M7カプセルのバックプレートと同じデザインが施されています。木製のケースもマイクケースと同じ素材とのことで重厚感がひときわ増します。

Writer. Akao

Microtech Gefell >>

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月7日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company