閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2018

13
Apr.2018
REPORT

NAB 2018 Day4 : IP SHOWCASE

NAB2018_3Day_all-55

NAB 2018 Central hallの一番奥に大きなブースで様々な提案が行われていたIP SHOWCASE。SMPTE ST2110の勢い、そして多様性、柔軟性、利便性様々なメリットが非常に明確に展示されていました。これまで通りに各社メーカーを跨いでの実際の接続展示も合わせて行われています。写真を多く使って一気にご覧頂きたいと思います。

NAB2018_3Day_all-57

先ずはST2110のオーバービュー的な展示。映像、音声関係なくどの様なきいも接続されるという展示。

NAB2018_3Day_all-59
NAB2018_3Day_all-60
NAB2018_3Day_all-61
NAB2018_3Day_all-62
NAB2018_3Day_all-63

こちらがAudioの展示。AES67をST2110がどの様に包括しているのかがわかりやすいですね。そして、相互接続されている各メーカーの多さもオーディオのとくちょうではないでしょうか?Dante機器もRavvena機器も接続されているのが分かるかと思います。

NAB2018_3Day_all-64
NAB2018_3Day_all-65
NAB2018_3Day_all-66
NAB2018_3Day_all-67
NAB2018_3Day_all-68

ST2110で気になる、音と映像、音同士、それらのズレに関してはこの様に問題ないということが明示されています。ほんとに?と思う方も多いかと思いますが、この部分に関しては、かなり考えられてきたソリューションなので問題ないでしょう。

NAB2018_3Day_all-71
NAB2018_3Day_all-72
NAB2018_3Day_all-73

こちらは、信頼性に関しての展示。片側がNGでも問題のない2重化はもちろんですが、朗報ともデータロスをしている状況でも二重化された回線の問題のない部分を使って復号化するということが出来るという動作デモ。2つのカクつき、ブロックノイズの出ているPaket Lossした信号を足し合わせることで成城な映像を映し出しています。これは、単純な二重化よりも安心感のある仕様ではないでしょうか?

NAB2018_3Day_all-74
NAB2018_3Day_all-75

他にもPTPを利用した際の接続方法、SDIと比較した際の柔軟性のアピールなど。

NAB2018_3Day_all-69
NAB2018_3Day_all-70

IP伝送技術のロードマップ。これからも順次テスト、規格のブラッシュアップなどが行われる予定になっているのがお判りかと思います。一度システムをIP網で構築したら、ベースバンドに戻ることは無いでしょう。システムの柔軟性、安全性など多くのメリットがここにはあります。会場にもIPに対応したとのアピールを強くするメーカが目立ちます。今後の大きな流れはすでに始まっていると言えるでしょう。

Writer. Yosuke

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年4月13日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート