閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2018

13
Apr.2018
REPORT

NAB 2018 Day4 : IP SHOWCASE

NAB2018_3Day_all-55

NAB 2018 Central hallの一番奥に大きなブースで様々な提案が行われていたIP SHOWCASE。SMPTE ST2110の勢い、そして多様性、柔軟性、利便性様々なメリットが非常に明確に展示されていました。これまで通りに各社メーカーを跨いでの実際の接続展示も合わせて行われています。写真を多く使って一気にご覧頂きたいと思います。

NAB2018_3Day_all-57

先ずはST2110のオーバービュー的な展示。映像、音声関係なくどの様なきいも接続されるという展示。

NAB2018_3Day_all-59
NAB2018_3Day_all-60
NAB2018_3Day_all-61
NAB2018_3Day_all-62
NAB2018_3Day_all-63

こちらがAudioの展示。AES67をST2110がどの様に包括しているのかがわかりやすいですね。そして、相互接続されている各メーカーの多さもオーディオのとくちょうではないでしょうか?Dante機器もRavvena機器も接続されているのが分かるかと思います。

NAB2018_3Day_all-64
NAB2018_3Day_all-65
NAB2018_3Day_all-66
NAB2018_3Day_all-67
NAB2018_3Day_all-68

ST2110で気になる、音と映像、音同士、それらのズレに関してはこの様に問題ないということが明示されています。ほんとに?と思う方も多いかと思いますが、この部分に関しては、かなり考えられてきたソリューションなので問題ないでしょう。

NAB2018_3Day_all-71
NAB2018_3Day_all-72
NAB2018_3Day_all-73

こちらは、信頼性に関しての展示。片側がNGでも問題のない2重化はもちろんですが、朗報ともデータロスをしている状況でも二重化された回線の問題のない部分を使って復号化するということが出来るという動作デモ。2つのカクつき、ブロックノイズの出ているPaket Lossした信号を足し合わせることで成城な映像を映し出しています。これは、単純な二重化よりも安心感のある仕様ではないでしょうか?

NAB2018_3Day_all-74
NAB2018_3Day_all-75

他にもPTPを利用した際の接続方法、SDIと比較した際の柔軟性のアピールなど。

NAB2018_3Day_all-69
NAB2018_3Day_all-70

IP伝送技術のロードマップ。これからも順次テスト、規格のブラッシュアップなどが行われる予定になっているのがお判りかと思います。一度システムをIP網で構築したら、ベースバンドに戻ることは無いでしょう。システムの柔軟性、安全性など多くのメリットがここにはあります。会場にもIPに対応したとのアピールを強くするメーカが目立ちます。今後の大きな流れはすでに始まっていると言えるでしょう。

Writer. Yosuke

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月13日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company