閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

26
Apr.2017
REPORT

NAB 2017 DAY2 : ATOMOS

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

nab2017 Rock oN ATOMOS

映像撮影時の外部レコーダーとして、またバックアップとして、現場でその存在感を確たるものとしてきているATOMOSのレコーダー群。

直近の製品としては、4K HDRに対応した7インチモニターレコーダーで、HDMI/SDI入出力のあるSHOGUN INFERNO、HDMI入出力のみのNINJA INFERNOと次々と発売となりましたが、NABSHOW2017ではそれをスケールアップしたような19インチのモニターレコーダー、SUMOが登場!

NAB2017_NAB_DAY1-172

基本的な性能はSHOGUN INFERNOを踏襲した上で、19型 HDR対応1200nit液晶を搭載しています。
これまでのカメラ向けの製品とは異なり、スタジオやオンセット撮影における、クルー/ディレクター向けの用途を想定しているとのこと。
昼間の野外等の明るい環境でも視聴に耐える高輝度HDRパネルを採用し、X-Rite i1 Display Proを使ったキャリブレーションにも対応することで、常に正確なRec709モニターとしても利用可能となっています。
なお、パネル自体はFullHD(1920 x 1080)となっていますが、4K映像の正確なフォーカス確認を行えるよう、拡大表示機能も搭載。
各社のLogガンマ映像をSUMOの1200nit LCDの特性に最適化し、HDR映像のモニタリングに特化した”Atom HDRモード”を搭載しており、HDR環境、グレーディング環境を強力にサポートします。
収録に関しては、基本は4K 30p収録対応ではありますが、Sony FS RAWでは4K 60p / 2K 240pのPrpRes/DNxHRに対応しているとのこと。

nab2017 Rock oN ATOMOS

さらに、SUMOの特徴として、3G SDIx4端子を活かし、独立したHD x 4ch入力の同時収録に対応、さらにビデオスイッチングして選択したチャンネルを出力できる「4ch HD 60p ライブスイッチ/収録機能」を搭載。チャンネル切り替え時にクロスフェードさせることも可能で、収録後の再生もバックグラウンドで4ch同時に行い出力を任意にスイッチできるとこのことなので、HD収録にはなってしまいますが、4台のカメラで同時収録し、収録後に再生させながらスイッチング、その出力を録画するといった使い方もできると思います。
また電源としてACアダプターも付属しますが、Vバッテリーを利用できるマウントを2系統搭載しており、それぞれのバッテリーを交互に切り替えることで、コンセントのない屋外でも連続稼働させることが可能となっています。
これだけの機能がついていると価格も大いに気になるところですが、その価格はなんと!2,495ドル!日本での販売価格は336,800円(税込) になるとのこと。
初代のSHOGUNが約20万円程でしたので、技術の向上と部材価格がこなれたとはいえ、かなりコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。

nab2017 Rock oN ATOMOS

nab2017 Rock oN ATOMOS
nab2017 Rock oN ATOMOS

新製品のSUMOを先に紹介させていただきましたが、人がひっきりなしに訪れるATOMOSブースでは既発売のSHOGUN INFERNO、NINJA INFERNO、SHOGUN FRAME、NINJA FRAMEとそれぞれ展示され、INFERNO製品を試せるコーナーでは、輝度差の激しいシチュエーションを再現したシュートブースを設け、その効果をじっくり確認できるような展示を行っていました。

nab2017 Rock oN ATOMOS

また、ブースの頭上部分では、HDR撮影のサンプルとしてもっとも効果的であろう美しいオーロラの映像等を流し、インタラクティブで興味を引く展示でその確固たる技術力をアピールしていました。

Writer. Toshima


ATOMOS
https://www.atomos.com/

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company