閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

28
Apr.2017
REPORT

NAB 2017 DAY4 : Neutrik

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Neutrik Rock oN

看板には「TRUST THE ORIGINAL」の文字。別の捉え方かもしれませんが、必要があればすべて作ってしまうその姿勢はとても心強いものがあります。音の入口出口であるとともに、その品質に問題があれば音に影響を与えてしまうので、あまり注視されにくいですが、今後とも変わらず、様々なニーズに沿った製品を作っていってほしいです。

NAB2017 Neutrik Rock oN

コネクタといえばNeutrik。ITTやアンフェノールなどもありますが、流通しているXLRのコネクターのほとんどはNeutrik社のものでしょう。コネクタの種類も多岐にわたり、何より、受け側も供給することからも、多くの機材で目にする物となっています。

この写真はそのNeutrik社製トランスミッターになります。両サイドのXIRIUM PROからその横にある受信機で出力することができます。iPad上からもアクセスでき、App Storeからダウンロードをすればコントロール可能です。また、左端にはUHD(ウルトラハイビジョン)4K8Kに対応したBNCのコネクタ、また受け側も見ることができます。

NAB2017 Neutrik Rock oN

こちらはInterBEEなどの展示会場でもよく見られるもので、各コネクターがディスプレイされています。多芯のコネクタのバリエーションが多いのは、マルチケーブルなどの規格に対応するためで、電力量やアンペア数に合わせてそのコンタクト部も太さが変わり、それに対応する形でNeutrikが製造しているものを選定し、使うことができますので、その組み合わせで製品は増える一方です。

NAB2017 Neutrik Rock oN

NAB2017 Neutrik Rock oN

今回面白いと思ったのは10芯XLRキャノン。通常3接点のところに10芯というのは驚愕です。自分で7芯のTubeMic用のものは作ったこともあるのですが、スペースなどから考えてもそんなに細くて大丈夫なのか、と思うものでした。実際にはアナログではなく、Cat 5E接続のPoE+用のコネクタ。よく見ると2芯のみ太い事がわかります。こちらが電源供給部分となり、最大16A、50Vの耐圧に対応していますので、今後のネットワークオーディオの中での1つの接続形態の提示という事になるでしょう。

こういった新たな商品も積極的に製造されていくのでコネクタで困ったことがあれば大抵はNeutrikで代替がきき、非常に頼もしさを感じます。

Writer : Yosuke

Neutrik
http://www.neutrik.co.jp

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company