閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

28
Apr.2017
REPORT

NAB 2017 DAY4 : Schoeps / Rycote

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Schoeps Rycote Rock oN

Rycote/Schoepsのブース。技術者と思われる方が質問に受け答えをしている事が多く、来場者が気になる点を詳細に聞き込んでいました。新製品の発表はこちらもなかったのですが、やはり目を引くのはORTF-3Dでしょう。

NAB2017 Schoeps Rycote Rock oN

Schoeps ORTF-3Dは小型化されたCCM41とCCM41Vを組み合わせ、3D Audio/VRに対応するAmbisonics方式での録音を可能にする物になります。

NAB2017 Schoeps Rycote Rock oN

Two-channel ORTFは2つのカーディオイドカプセルを使い、17cmの間隔をはなすことで110°をカバー。Four-channel ORTFはサラウンドシステムに対応し、10/20の間隔をあけることでそれぞれ80°/100°をカバーする方式としてSchoepsが提唱しているものになります。

その上位にあたるのがORTF-3Dで方式としてはAuro3DとDolby Atmosに対応。L,R,LS,RSの4chのlower、Lh,Rh,LSh,Rshの4chUpperの8chをミキシングすることで、360°をカバーする音場表現が可能になります。方法に関してはSchoeps社から詳細なpdfが配布されていますので省略しますが、現状では数少ないVR用のマイクと言えるでしょう。

RycoteではCycloneシリーズが展示されいました。こちらで使用されているマイクはSchoeps社のものになりますので、こちらのサスペンションが展示製品となります。サスペンションアブソーバーで振動にも強く、屋外の劣悪な環境下でもマイク自体に影響を与えないための工夫がなされています。また、本来はこの周りにドーム型の風防が追加されており、そちらも優れた音響透過性をうたっており、2本のマイクへの影響は最小でしょう。

NAB2017 Schoeps Rycote Rock oN

こちらは更にマイクが追加できるCyclone DMSになります。ドーム型風防の利点を生かし立体的に録音するためにマウントできるマイクの数が増えています。

今回のNAB2017の傾向としてですが、VR環境もさることながら、屋外での録音に重きを置いているところが多いように感じます。360°の集音で疑似体験できる音場を求めて、より自然環境へのフィールドレコーディングを意識した製品展開が、全体での傾向なのでしょう。

Writer : Yosuke

Schoeps
http://www.schoeps.de

Rycote
http://rycote.com

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company