閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2017

26
Apr.2017
REPORT

NAB 2017 DAY2 : GBlabs

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017_NAB_DAY2-394

超高速NASを展開するGB labsの副社長Benさんにお話を伺うことが出来ました。NAb 2017での新製品は3つ。一つ目は、元々高速なSPACEを更にチューニングを進めた新しいSSDモデル。

NAB2017_NAB_DAY2-360

こちらの右上の製品がそのSSDモデルその名もSPACE SSD。Tire1の更に上のTire0にカテゴライズされるこの製品。スペックは最大30,000MB/s!!!この2Uの1筐体でなんとここまでの高速性を実現しています。バックボーンは100GbEが推奨されるということ。100GbEの帯域を医大で使い切ってしまうこのサーバー。まさにモンスターマシン。

NAB2017_NAB_DAY2-351

もう一つが、GB labsがOSからカスタマイズしたエントリークラスのLTO。LTOと言うと、煩雑なアプリケーションによる操作など、手軽に使うには敷居の高い製品ですが、このEasyLTOと呼ばれる製品は、ご覧のようなWeb Gui上でデータの出し入れが可能となります。

NAB2017_NAB_DAY2-352
NAB2017_NAB_DAY2-353
NAB2017_NAB_DAY2-354

こちらはArchiveの画面ですが、チュートリアル形式で誰でもすぐに使えるように工夫がされています。また、接続は10GbEということで、ネットワーク上にNASのようにLTOを接続してWeb Browserからの操作が出来るという非常に手軽な設計。

NAB2017_NAB_DAY2-355

Archiveだけではなく、バックアップ、リカバリーも可能ということでかなり使い勝手の良い製品。更にChach-Aとの高い互換性が有り、以前のChach-Aのリストファイルをそのまま読み込んで同じように使い続けることが出来るということです。

NAB2017_NAB_DAY2-356

そして、Core OS 3.5のリリース。速度の向上、安定度の向上などが図られた最新のOSです。しかし、Core OS 3.5に関しての紹介は実はほとんどなく、次にリリースを予定しているCore OS 4の話に。なんと、Core OS 4にはAI機能が搭載されるということ。ユーザーのプライオリティー、ファイルのプライオリティーを自動認識して、最適化することで更なる高速なファイルの読み書きを実現するということ。ハードウェア的なアクセラレートではなく、ソフトウェア的に極限までアクセラレートを実現するこのAI機能は他社の追従を許さず、GAME CHANGERになる機能だ!!!と力強く話をしていました。もちろん開発中なのでその実力を試すことはできませんでしたが、期待できると思います!

NAB2017_NAB_DAY2-358

NAB2017_NAB_DAY2-359

Writer. Yosuke
GBlab
shttp://www.gblabs.com/

NAB2017 Rock oN Show Report

NAB2017 Rock oN Show Report01_04

NAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show ReportNAB2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company