閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAB2018

10
Apr.2018
REPORT

NAB 2018 1Day : Blackagic Design その他

NAB ショーレポート

今年のNAB 2018で一番話題を集めていたのがこちらのPocket Cinema Camera 4K。すでにポケットに入るサイズではないというツッコミは置いておき、これまでのPocket Cinema Cameraとは全くの別物となったこちらの製品。

NAB show
NAB 話題

いくつもの新しい機能がありますが、先ずはその入力端子にAudio INがついた、ということ。マイクの外部入力を受けられるmini-XLRでの搭載となっています。もう一つはUSB端子。これは外部ストレージを接続することで、直接記録が可能となっているというもの。実際にUSB 3.1接続のSSDに直接記録をしてすぐに隣りにあるDaVinciでプレビューを行うというデモが行われました。内蔵出来る記憶媒体はSD or CFとなっています。

NAB 新製品

プレスリリースでPocket Cinema Camera 4Kの実機が登場した際の会場は、この様な雰囲気に!注目度の高さを感じませんか?

NAB 2018

価格はこちらの通り。機能を考えたら安いとしか言いようがありませんね。$1,295で9月の出荷開始予定ということです。


それ以外の新製品もご紹介していきます。

NAB ショーレポート

こちらが、ATEM Television Studio Pro 4K。昨年発表のHD版の4K化のみかと思って聞いていたら、数多くの機能追加が行われていました。その中でも注目はAudio Mixerの強化。

NAB show
NAB 話題
NAB 新製品

写真の通り、Fiarlight譲りのEQ / DYN処理が搭載され、チャンネルごとのDelay設定も行えるようになっています。mono-stereoの処理、パンニングなども高精度に行うことが出来るようになったということです。価格は$2,995ですぐの出荷ということです。

NAB2018_1Day_all-29

こちらは、ATEM Camera Control Panel。価格は$2,995。4台のURSA Broadcast Cameraをコントロールすることが可能な製品。ATEM Switcherの外部フィジカルコントローラーで、ATEM Switecherに接続されたURSA Braoadcast Cameraのコントロールを行う製品ということ。残念ながら、他のカメラコントロールには対応していないということですが、カメラ本体の価格などを考えても、衝撃的な価格でシステム構築が可能となりますね。

NAB2018_1Day_all-4
NAB2018_1Day_all-5
NAB2018_1Day_all-6
NAB2018_1Day_all-7
それ以外にも上記の4機種のコンバーターが登場。機能は機種名の通りで特徴的な部分はありませんが、SDI – HDMIのCross convertorは別解像度でも使えるということなので便利そうですね。

NAB2018_1Day_all-8

最後にHyperdeck Studio miniのh.264機能がアップデートというニュースがありました。1/3ラックサイズで4KのPlay/Recが行えるハードウェアということで高い人気のこちらの製品も、ブラッシュアップが行われています。

Writer. Yosuke
BlackMagic Design
https://www.blackmagicdesign.com/jp

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年4月10日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company