閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

09
Apr.2019
REPORT

NAB2019 : Day 1 :BlackmagicDesign DaVinci Resolve 16 Fairlight

nab2019 Blackmagic Design booth

nab2019_index_bannar

8K対応製品で会場をわかせたBlackmagicDesign。Davinci Resolveも順調にバージョンアップが行われ、Davinci Resolve 16が登場しています。編集の新機能も満載なのですが、Fairlight部分の更新をお伝えします。その注目は、なんと言ってもimmersive Audioへの完全対応!

nab2019 Blackmagic Design boothまずは、このPrefarence画面をご確認下さい。ただ単純に3D Surroundへ対応したということではありません。ご覧のように、Dolby Atmos/AURO 3D/MPEG-H/SMPTE-ST-2098という4つものフォーマットに対応してきました。まずは、Dolby Atmosへの対応状況からお伝えします。

nab2019 Blackmagic Design booth設定は、RMUとの接続を行うためのIPアドレスと、出力のポートの設定。外部の別体PCにセットアップされるRMU=Renderer and Mastering Unitとの接続の設定があります。Audioの出力と、Dolby Atmosの制作に必須となるObject Metadataの出力が行えるということになります。

nab2019 Blackmagic Design boothそして、Immersive Audioの制作のためにこちらのB-Chain Controlが追加されています。これにより、RMUとのSend ReturnをシームレスにDavinciに統合することができるようになっています。

nab2019 Blackmagic Design boothメインのFairlight Console側の展示は、Stand AloneのRMUとの組み合わせで展示が行われていいました。Dolby非公認ということですが、iMac Proでの展示では、RMUがOne-Boxで動作していました。それが冒頭の写真。

nab2019 Blackmagic Design booth

こちら、Dolby Atmos Production Suiteが動作しているものだと思い、内部パスはどうしているのか?と質問をしたところ、Mastering Suiteが同じPC内部で動作しているとの回答。Davinci-Fairlight Softwareからは、CC-2、SX-36経由でMADIが出力され、それを同一のPCに接続されたもう一つのAudio Interface(ここでは、MOTU M64が使われていました)に入力。というシグナルフローで実現。今後、このOne−Box仕様がDolbyの推奨が取れたとしたら、非常に大きなトピックとなることでしょう。

AURO 3Dに関しては、バスの用意をしているので、ディスクリートで書き出しができるようになったということ。エンコーダー、デコーダーの統合はこれからの課題だということです。

nab2019 Blackmagic Design boothそして、MPEG-Hへの対応状況。こちらの画面が、MPEG-Hのメタ情報のページ。Kind / Languegeという2つのメタの情報を出力可能。メタデータのグルーピング、Objectグループの設定などがこちらの画面で行なえます。そして、設定したメタデータは、

nab2019 Blackmagic Design boothこのようにMPEG-H AUDIO Fileとして出力が可能となっています。リアルタイムのストリーム出力は出来ないということですが、プロダクション向けのアプリケーションだということを考えると必要十分な制作機能が備わっていると言えるでしょう。

nab2019 Blackmagic Design boothバスに関してもこのように、Immersive Audio対応のものが準備されていました。申し訳ないですが、AURO,SMPTE-2098の設定写真は、後日追加させていただこうと思います。

nab2019 blackmagicdesign davinci resolve16他にもラウドネス計測機能の強化として、各種プロファイルを設定可能になったりと、その機能強化が図られています。

非常に完成度の高いImmersive Audioへの対応。今後もその部サッシュアップ情報など随時お届けしようと思います!!

Writer : Yosuke

Blackmagic Design
https://www.blackmagicdesign.com/

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

nab2019_index_bannar

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月9日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company