閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

09
Apr.2019
REPORT

NAB2019 : Day 1 : Sound Devices

sounddevices_booth

nab2019_index_bannar

業務向けのField Recorderの代名詞とも言えるSound Devices。ここ数年新しい試みや切り口での新製品が目立っていますが、今年の新作はフラッグシップとなる新しいプロダクトの登場となりました。

SCORPIO

こちらが新たなフラッグシップとなるSCORPIO。メインとなるスペックは16ch MicPre搭載入力で32Track Recorder、Dante入出力です。気になる左右のパネルには、

SCORPIO_sounddevices

こちらが入力側。6つのフルサイズXLRと2つのmini-XLR、そして4つのStereo-mini-XLRが搭載されていて、この入力すべてにMicPreが備わっています。

SCORPIO_sounddevices

逆の出力側にはこのようなポートが!

新しいところとしてはBuilt-inできるワイヤレスレシーバのために用意されているアンテナの端子かと思います。StorageとしてSD Card Slotが2つ、それ以外に250GBのSSDが搭載されるということ。Danteのポートは、背面となります。

SCORPIO_sounddevices

大きなノブが6つのフルサイズXLRに対応したもの。その周りの小さなノブが残りの10ch分のマイクプリのコントロールです。フィールドレコーダーらしくプッシュロック有り。

サイズ的にはこれまでのSound Device製品より一回り大きくなった印象です。

SCORPIO

アクセサリーも多数用意されています。価格的には、$9000程度からになるのではないかということです。

これまでのラインナップの置き換えではなく更に上位のフラッグシップとなるということです。

Writer : Yosuke

Sound Devices
https://www.sounddevices.com/

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

nab2019_index_bannar

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月9日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company