閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

10
Apr.2019
REPORT

NAB2019 DAY2 : CEREVO

_MG_1098

nab2019_index_bannar

NAB 2019の会場で出会った日本のメーカーCEREVO。ワイヤレスのレックタリーランプのシステムと、スタンドアローンのライブストリーミングシステムを展示していました。

_MG_1099

こちらが、RECタリーのシステム。これまでBlackmagic ATEMシリーズへの対応が、Roland V1シリーズにも対応したということ。選択したカメラのランプが赤に変わるというのがこのシステム。ワイヤレスで制御しますので、セットアップも簡単。カメラの種類も選ばずにレックタリーシステムを実現できます。

_MG_1100

こちらがタリーシステムの親機。左にあるのが、制御信号の変換ボックス。このボックスが完成したことでRolandに対応できたということです。

_MG_1104

そしてもう一つのライブストリーミングシステムが、こちらのLiveShell X。HDMI入力を3つのライブストリームとしてWebAppで出力できる機械となります。3つの出力の打ち一つを内部のSDcard記録用に回すことも可能ということでレコーダー機能も併せ持ちます。

セットアップはブラウザ経由なのでスマホでもOK。背面にUSBポートがあり、そこに同梱されるwifiアダプタを指すことでwifi経由でのセットアップも可能となるということです。一旦セットアップした情報は保持されますので、同一の環境であればフロントパネルのスイッチを押すだけで使うことも可能だということ。

_MG_1101

NAB 2019の会場では、RICHO THETAのライブストリーム用モデルとのセットでの利用が提案されていました。

手軽に360°のライブ配信ができるシステムとしてなかなか魅力的だと思いませんか。LiveSHell Xは国内で7万円程度で買えるということです。

Writer.Yousuke

CEREVO
https://cerevo.com/ja/

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

nab2019_index_bannar

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月10日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company