閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

10
Apr.2019
REPORT

NAB2019 DAY2 : YAMAHA Nuendo10

_MG_1070

nab2019_index_bannar

YAMAHAのブースではLive Sound向けのコンソールが多くの展示スペースを占めていますが、反対側にはしっかりとNuage-Nuendoの展開も行われています。そこでは発売間近のNuendo 10のプレビューが行われていました。

_MG_1072

パッと見た目にもCubase似合わせて大幅にGUIに手が入れられているのがわかりますね。

_MG_1075
_MG_1076

アイコンを多用し直感的にわかりやすくというコンセプトが感じられます。従来の強力な検索機能とともに使うことで、ダイレクトに狙った機能にアクセスできるように工夫がされています。

_MG_1078

プラグインはこのようにサムネイル表示されるようになっています。他のことを考えながらの操作が多いプラグインのインサートなどのタイミングで耳ではなく、視覚を使って操作が行えるのが嬉しいですね。

_MG_1079

ミキシングエンジンもブラッシュアップされ、32bit整数が追加されています。これは、昨年発売されたフラッグシップI/O ARX4Tとの連携で32bitでの収録、再生が可能になったことにより追加された機能ということです。

_MG_1081

こちらは、SoundDevice社のField Recorderで収録した素材のメタデータをNundeoで反映できるようになったという機能。タイムコード情報など収録時につけたメタデータがNuedno上でも反映されるようになります。

_MG_1082

そして新しいプラグインが3種類ありました。1つ目がこちらのvoice designerで、これは声の加工を専門とするプラグインです。ロボットボイスにしたり、ピッチを変えたりといったことをするプラグインですが、声に特化しているので、フォルマントを極力残したエフェクト効果を得られます。かなり高性能なので是非とも試してみていただければと思います。

_MG_1086

こちらはAudio Allimentというツール。ターゲットのクリップと修正したいクリップを選択してプロセスをすると、アライメント(時間的な位置)を自動であわせてくれるというもの。アフレコした際など、オリジナルの位置に自動で合わせ込むことが可能となります。下段のクリップの点線が、修正するために切り刻んだ箇所。

_MG_1083

最後はドップラー。その名の通り、ドップラー効果を得ることのできるプラグイン。これもプラグインにタイムコード情報を入れることで面倒なオートエーションを書かずにドップラー効果が得られるというすぐれものです。

Nuendo 10は、今月中にはリリースできる予定だということです。是非ともお楽しみに。

Writer. Yousuke

YAMAHA Nuendo10
https://japan.steinberg.net/jp/products/nuendo/nuendo_10_preview.html

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

nab2019_index_bannar
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月10日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company