閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

10
Apr.2019
REPORT

NAB2019 DAY2 : YAMAHA Nuendo10

_MG_1070

nab2019_index_bannar

YAMAHAのブースではLive Sound向けのコンソールが多くの展示スペースを占めていますが、反対側にはしっかりとNuage-Nuendoの展開も行われています。そこでは発売間近のNuendo 10のプレビューが行われていました。

_MG_1072

パッと見た目にもCubase似合わせて大幅にGUIに手が入れられているのがわかりますね。

_MG_1075
_MG_1076

アイコンを多用し直感的にわかりやすくというコンセプトが感じられます。従来の強力な検索機能とともに使うことで、ダイレクトに狙った機能にアクセスできるように工夫がされています。

_MG_1078

プラグインはこのようにサムネイル表示されるようになっています。他のことを考えながらの操作が多いプラグインのインサートなどのタイミングで耳ではなく、視覚を使って操作が行えるのが嬉しいですね。

_MG_1079

ミキシングエンジンもブラッシュアップされ、32bit整数が追加されています。これは、昨年発売されたフラッグシップI/O ARX4Tとの連携で32bitでの収録、再生が可能になったことにより追加された機能ということです。

_MG_1081

こちらは、SoundDevice社のField Recorderで収録した素材のメタデータをNundeoで反映できるようになったという機能。タイムコード情報など収録時につけたメタデータがNuedno上でも反映されるようになります。

_MG_1082

そして新しいプラグインが3種類ありました。1つ目がこちらのvoice designerで、これは声の加工を専門とするプラグインです。ロボットボイスにしたり、ピッチを変えたりといったことをするプラグインですが、声に特化しているので、フォルマントを極力残したエフェクト効果を得られます。かなり高性能なので是非とも試してみていただければと思います。

_MG_1086

こちらはAudio Allimentというツール。ターゲットのクリップと修正したいクリップを選択してプロセスをすると、アライメント(時間的な位置)を自動であわせてくれるというもの。アフレコした際など、オリジナルの位置に自動で合わせ込むことが可能となります。下段のクリップの点線が、修正するために切り刻んだ箇所。

_MG_1083

最後はドップラー。その名の通り、ドップラー効果を得ることのできるプラグイン。これもプラグインにタイムコード情報を入れることで面倒なオートエーションを書かずにドップラー効果が得られるというすぐれものです。

Nuendo 10は、今月中にはリリースできる予定だということです。是非ともお楽しみに。

Writer. Yousuke

YAMAHA Nuendo10
https://japan.steinberg.net/jp/products/nuendo/nuendo_10_preview.html

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

nab2019_index_bannar
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月10日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company