閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

11
Apr.2019
REPORT

NAB2019 DAY3 : Fraunhofer

nab2019 Fraunhofer booth

nab2019_index_bannar

ドイツの研究機関であるFraunhofer。mp3の開発元としてよく知られているところではありますが、次世代の放送用音声フォーマットとしてMPEG-Hを推し進めています。NAB 2019では、従来の生放送向けの機器とは別に、制作向けツールが登場しています。

nab2019 Fraunhofer

こちらは、Fraunhoferが独自に開発をしたプラグイン。MPEG-Hのパンナーと、メタ情報追加用のツールです。写真は Pro tools上で動作しているAAX Plug-inですが、VST版もあるということ。しかも無償で配布をおこなっており、誰でもダウンロードが可能。このプラグインからMPEG-H Audio Fileの書き出しが可能だということです。

ダウンロードリンクはこちら>>> www.iis.fraunhofer.de/mhapi

1553そして、ほか記事でもお伝えしているように Blackmagic Davinci Resolve 16で統合された環境での書き出しも実現しています。順調に制作向けの環境も整備されていることがわかります。
改めてMPEG-Hの概要ですが、SDI embeded Audioの16chを使い15chのオーディオデータと、1chのオーディオデータトラックにデータとして埋め込まれたメタデータにより、インタラクティブな音声を記録したり、イマーシブな音声(オブジェクトオーディオ)、更には、アンビソニック音声にも対応したフォーマット。リアルタイムにメタデータを生成する機器もあり、次世代の放送向けの音声として注目されている規格となります。

1552

こちらが、生放送向けのリアルタイム・システム。再生向けには、サウンドバーをFraunhoferが独自に開発を行ったりと、制作現場から、リスニングまでをフォローした規格となっています。すでに韓国では放送も始まり実運用のノウハウが蓄積され始めています。

Writer. Yousuke

Fraunhofer
https://www.iis.fraunhofer.de/en.html

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

nab2019_index_bannar

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月11日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company