閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

09
Apr.2019
REPORT

NAB2019:Day1:BlackmagicDesign(HyperDeck Extreme 8K HDR)

BlackmagicDesign


nab2019_index_bannar

NAB 2019の開幕は、その1時間前という直前のタイミングで行われるBlackmagic DesignのPress Conferenceからスタート。
精力的な新製品のリリースの続くBlackmagic Designからはなんと8K Recorderの登場です。

Blackmagic Designからはなんと8K Recorderの登場

こちらが「HyperDeck Extreme 8K HDR」
まさに世界初となる業務用8Kデッキの登場に会場が興奮に包まれます。

4K Deckを4台同期させてなど工夫を凝らしての作業を余儀なくされていた8K Workflowに低コストな8K Deckの登場です。

左側のプレビューモニターのついた製品が本体。記録メディアはCFastのDual Slot仕様。
フォーマットは、ProRes HQ/h.265となります。

そして注目の価格は¥567,800!!
驚異的な低コストで8K Deckをリリースしてきました。

右側のDeckコントロール部分は、「HyperDeck Extreme Control」という別製品でオプションとなります。
8PortのRS422により最大8代のデッキコントロールが可能となります。

オペレートに関しては、従来のVTRを踏襲し、オペレーターの混乱のない使用感になるように考えたということ。
こちらも価格が発表されており¥147,800となっています。

背面はこのようになっております

背面はこの様になっています。
8Kの接続は、Quad-Link 12G SDIで4320p60までの対応となります。

アナログ・オーディオが4チャンネル、Timecode入出力、アナログビデオの入出力などが備わります。
USB portは外部のDiskへの収録のための物でこれに合わせて、SSD Dockの「MultiDock 10G USB」が登場しています。
Ethernet Portに関しては10GbE対応となっており、高速なデータ転送が可能となっているということです。

8K対応のスイッチャー

もう一つの目玉が、こちらの写真の最上段にある「ATEM Constellation 8K」なんと、8K対応のスイッチャーです。
注目の価格は¥1,138,000。

8K対応4M/E、DVE内蔵、40ch-12G-SDI Inputと驚異的なパフォーマンス。
8K使用時には、Quad-Link 12Gとなるので10入力となりますが、それでも驚くべきパフォーマンスを持った製品と言えるでしょう。

これらの製品、すでに日本語サイトにもアップされていますので是非ともご確認ください!!!

Writer : Yosuke

詳細はこちら(ATEM Constellation 8K)

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

 

nab2019_index_bannar

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月9日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company