閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
nab2019

10
Apr.2019
REPORT

NAB2019:Day2:RIEDEL

RIEDELブース


nab2019_index_bannar

インカムシステムが、全国の放送局に導入されているRIEDELのPRESS Conferenceに参加をさせてもらいました。
赤がテーマカラーのRIEDELらしい、ブースで社長自らが、プレゼンテーションを行いました。

RIEDELブース

同社が作ったMEDIORNET。インカムだけではなく、映像や、制御信号も混在して双方向に送受信することのできる独自のIP規格。
まずは、この規格の誕生の10周年を祝います。

そして、世界中にMEDIORNET規格の製品が105,000台出荷されているということがバルーンでアピールされます。
これまでにも、奇抜なパフォーマンスが目立つRIEDELにしては、意外と普通だった。。。という声も聞こえましたが、十分にインパクトのある演出。

RIEDELブース

今回の新製品はArtist 1024という機種。
これまでのartistラインナップの取り扱える信号数をパズルのピースにしてアピール。
16chから32ch、64ch、そして1024chと数字の分だけ大きくなるピースを組み立てていきます。

SONY DSC

そして、最新機種との記念撮影。ドイツのメーカーなので、生真面目な印象でしたが、非常に楽しいプレゼンテーションでした。

製品自体は、従来のArtistと同様の機能で、ハンドリングできるチャンネル数が1024に拡張された物。
多数のIPポートと、オプションの組み合わせで選べる様々なIOを組み合わせて利用することとなります。

ワイヤレスインカムBORELO

ワイヤレスインカムとして、多機能かつ、トランスミッターまでは、AoIPという先進性を持つBORELO。
フェイスパネルが従来の黒以外に、オリンピックカラーの5色が追加されました。
こういった物理的な視認性も子機端末には必要ですよね。

Control

そして、Control PanelにはNMOS対応のニュースが。GPIOに変わる制御関係の規格をIPベースで取りまとめようと言う動きがこのNMOS。

RIEDELでは、まず、自社製品の制御からスタートし、サードパーティー製品に至るまでこのパネルで制御できるようにという拡張を目差しているということです。

ROCK ON PRO POST NAB セミナーもお見逃しなく!

PostNAB2019_mirocNAB Show 2019の模様を徹底レポート!溢れる最新情報の中から、いま注目すべき内容をリアルに、かつ濃密に、いち早くお伝え致します!!お申し込みは下記リンク先ROCK ON PRO WEBサイトから!
POST NAB2019!! 最新最速レポートセミナー!!>>

nab2019_index_bannar
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月10日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company