閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

29
Jan.2018
REPORT

NAMM 2018 Day 4 : DOEPFER

2018 NAMM
コンパクトな筐体でセミモジュラーを実現したDOEPFERの看板製品Dark EnergyのVer.3が登場!DOEPFERのノンモジュラーユーザーにはMS-404が大人気でしたが、そこからDOEPFERの知名度と人気を一気に推し進めたDark Energyは、業界全体のゲームチェンジャーと言える存在。

NAMM ショーレポート

細かい変更点が色々ありますが、主なのはVCO/LFO/ENGですね。VCOはIIではノコギリ波、クリッピング上昇ノコギリ波、パルスウィズ可変のパルス波でしたが、IIIになって三角波が追加され、周波数レンジも10オクターブまで拡張されました。またDark Energyは内部シグナルパスがフルアナログなので電源ONからチューニングの安定まで20~30分程度かかっていましたが、IIIになって待機時間がなくなりました。これはライブの時に良いですね。

さらにLFOはリセットが追加され、外部入力で任意にリセットできるようになりました。

代わりにデフォルト状態でのOUTPUT端子が減っていますが、内部構造がDIYしやすいように調整されており、下記パラメータは改造すれば単体で出力できる様になるそうです。ADSRとLFO1の出力はこちらに回ったんですね。

(e.g. VCO outputs
triangle, sawtooth, rectangle, hardsync, softsync, linear FM, VCF outputs L/H/B, ADSR output and
A/D/S/R CV inputs, LFO outputs triangle and square)

NAMM show report
2018 NAMM

Writer.Shibuya

DOEPFER
http://www.doepfer.de/home_e.html

#NAMM_DOEPFER
でTweetされたこの記事の話題

NAMM2018 Rock oN
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年1月29日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート