閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

26
Jan.2018
REPORT

NAMM 2018 DAY1 : AVID速報ダイジェスト

NAMM2018

遂に開幕したNAMM 2018。AVIDからは、Pro Tools 2018を始め数多くのクリエイターに向けた発表が!!!

NAMM 2018開場直後に行われたPress Conferenceの模様も含め先ずは、ダイジェストでお伝えします。

NAMM

冒頭のAVID CEO Louis Hernandez Jr.氏による基調講演。クリエイターに向け”ecosystem”(=創作した作品が対価を生み、次の創作につながるという循環したシステム、というイメージ)というユーザーに寄り添った目線の提案が行われました。

NAMM 2018

そのecosystemを支えるプラットフォームとして、Cloudを活用するための様々な機能が次に紹介されています。

まずはArtist同士がつながり合うCloud上のコミュニティー。交流だけにとどまらず、最終的にはこのコミュニティーで仕事の依頼・対価の支払いなどまでも包括したビジネス・スペースとしてのアイディアが提示されています。現時点ではブログ機能が実装されています。

次にPro Tools 12.5で実装されたCloud Collaboration。非常に多機能なCloudを活用した共有作業環境。こちらまだお試しでない方は、是非とも体感してもらいたい非常に便利な機能です。

そして着実に進化をしているMarket Place。Pro Toolsを起動したまま、Plug-inを購入したり着実に進化を続けています。

2018NAMM_1Day_TM (10 - 167)

そしてそれらの機能が現状、世界中でどれくらい活用されているかがデータで提示されました。注目はecosystemの中核となるArtist Communityへの参加人数でしょう。すでに3万人が参加済み。これからどんどん参加者が増えることで活気づいていってほしいですね!!

Pro Tools 2018

NAMM show

お待ちかね新製品情報です。それぞれの詳細は別の記事として準備を進めていますので、ここではダイジェストでお送りします。

バージョン名のルールが今年から変わったPro Toolsの第一弾、Pro Tools 2018が発表と同時にリリースとなっています。Support Plan期間内の方は今日から使えます!クリエイター向けの機能がたっぷり入った最新バージョンとなっています。その機能とは!!!

トラックプリセット

これまでの隠し機能としてあった、トラックプリセットとは違いカテゴライズされ トラックセット、プラグイン(パラメータも含む!!)、Audio Clip、MIDI Clipなど自由自在に組合せてプリセットを作成出来ます。

NAMM ショーレポート

MIDI機能の強化

この部分は非常に多岐に渡る強化が行われています。単純にカーソルキーを使ってのベロシティー、keyの変更といったベーシックな機能からCode Analyzeなど、これまでPro ToolsはMIDIが弱いと言われていた部分を払拭する強力な機能拡張が行われています。

パフォーマンス・レトロアクティビティ

レコードしていなかったMIDIデータをバックグラウンドでキャプチャーしておいてくれるという機能。仮で当ててたときが一番良かったのに。。。。ということがなくくなります。

iLok Cloudへの対応

昨年AES2017でのビッグニュース、iLok Cloudへ早くもPro Toolsが対応。常時接続環境が容易になった今だからこそ、便利に活用できると思います。遂にiLok無しで起動するようになったPro Toolsです。

本国詳細はこちら>>
http://www.avidblogs.com/introducing-pro-tools-2018/

それ以外にも様々な発表が行われています。

  • Sibelius 2018の発表
  • Sibelius Cloud Storage Planの発表
  • Avid ArtistCentralの発表
  • #WeR4 Music活動の開始
  • S6向けEuConの最新バージョンの発表
  • VENUE | S6LとWAVES SoundGridのインテグレーション

詳細、順次公開しますのでお楽しみに!!!

Writer.Yosuke

#NAMM_AVID
でTweetされたこの記事の話題

“NAMM2018
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年1月26日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

ソニー・太陽株式会社 国産マイクの系譜、日本が誇るべきクラフトマンシップ
実に26年ぶりとなる新機種C-100をリリースしたソニー。この長い期間を持ってしてもソニーのマイクロフォンに対するその注目度は衰えることはなく、いま制作に携わるユーザーからも高い関心を持って迎えられている。C-37/C- [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : PERCUSSA
PERCUSSAがユーロラックの世界に結合!ユーロラック界隈では他に類を見ないハイスペックモジュールPERCUSSA SSPが登場しました。 要となるのはやはりDSPプロセッサー(Quad core Cortex A17 [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : Analogue Solutions
アナログサウンドを追求し続ける孤高のブランドAnalogue Solutionsブースには昨年の発売から大きな話題を呼んでいるフラッグシップ機のFUSEBOX、そして先月発売されたばかりのTREADSTONE、さらに開発 [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : XAOC DEVICES
XAOC DEVICESのブースはネオン管がかっこいい!そして強力な新製品が2つ出ていましたよ!複数のサイン波を合成して複雑なハーモニクスを生み出すODESSA(1975 VARIABLE SPECTRUM HARMON [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : Teenage Engineering
楽器を超えた楽器。CG合成や舞台演出もできるシンセサイザーOP-Z!
SUPERBOOTH18 DAY3 : Twisted Electrons
アシッドベースマシンとファミコンサウンド。POシリーズのお友達 2製品が登場!
SUPERBOOTH18 DAY3 : KV331
人気のソフトシンセSynthMasterの専用コントローラーを開発中!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Industrial Music Ele…
三次元モーフィングで強力なサウンドを奏でる大人気定番ウェーブテーブルオシレーター Industrial Music Electronics Piston Hondaが第三世代のMK3になって機能が大幅にアップデート!
SUPERBOOTH18 DAY2 : XIRID
SEQUENTIX cirklonの強力なライバル出現か!? XIRIDからハードウェアシーケンサーフリーク待望のニューカマー登場!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Soundmachines
Soundmachinesブースでは、ピンポンゲーム(!!)もできるモジュラーデスクトップモジュラータイプのリズムマシン DS1drumstationがいい感じ!
SUPERBOOTH18 DAY2 : SoundForce Contoroll…
SoundForceのブースではプラグインソフトをハードウェア感覚で扱えるフィジカルコントローラを展示!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Genki Instruments
Genki Instruments、指輪型MIDIコントローラーwaveを展示!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート