閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

27
Jan.2018
REPORT

NAMM 2018 DAY2 : Antelope Audio

NAMM2018

昨年怒涛のインターフェース新製品ラッシュを記録し、今年も新製品Discrete人気で勢いに乗るAntelopeブース!

NAMM

今年のNAMMでは、Discreteのマイクプリアンプ技術をEdgeマイクロフォン最適化したバンドル『Edge Strip』を発表!

代表にして開発者Igor Levin 氏により、Edge Modelling Microphoneの周波数応答に完全に一致したDiscrete MPを新設計。 完全にアナログディスクリート回路設計で、同じトランジスタ回路を備えており本製品の心臓部と言えます。

1db単位のStep Gainコントロール(最大61dB)、-129dBu EINの低ノイズ仕様。入出力は2chのマイクinと2chのTRL出力を備え、USB端子はリモートコントロール専用。完全アナログ接続のため、既存のインターフェース環境の前段に追加することが可能です。また本体はDSPを持たないものの、Native CPUで動作するモデリングプラグインが付属するとのこと。ここ重要ですね!

NAMM 2018

写真のハードケースが付属、二段底でハードウェア一式収めることが可能です。

価格は予価1295ドル、発売は3月下旬を予定。

NAMM showそして待望のオーディオインターフェースDicsrete4も間もなく2月発売を予定。すでにDiscrete8およびマイクのEdge&Vergeは店頭デモ中ですが、内蔵FPGAによる遅延のないプロセッシングをマイク再現に活かすだけでなく、今後追加搭載予定のマイクプリアンプモデリング、そしてエフェクトプロセッシングやアンプモデリングに至るまで1台でこなします。

同時使用エフェクト数の異なるBasicとPremiumの違いも後からアップグレード可能で、導入時にどちらを先に買ったとしても値段差がなく後悔させない良心設計のアップグレード価格。こちらの商品はすでに予約受付中ですのでご検討はお早めに!

NAMM ショーレポート

Writer.Takemoto

Antelope Audio
https://jp.antelopeaudio.com/

#NAMM_Antelope
でTweetされたこの記事の話題

“NAMM2018
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年1月27日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company