閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

27
Jan.2018
REPORT

NAMM 2018 Day2 : Universal Audio

2018NAMM_2Day_TM (90 - 194)

Universal Audio のセールスマンといえば、この方、皆さんお馴染みの Yuichiro “ichi” Nagai 氏に最新プロダクトについてお伺いして来ました!

2018NAMM_2Day_TM (140 - 194)

先週、国内でも発売開始されたばかりの Apollo Twin の弟分「Arrow」や2月発売予定のロードボックス「OX | Amp Top Box」、更には今回のNAMMで初めて発表された「Thunderbolt 3 拡張カード」と非常に注目度の高い製品群です。

それでは、Yuichiro “ichi” Nagai 氏によるプレゼン動画をどうぞ!

Universal Audio Arrow

2018NAMM_2Day_TM (93 - 194)

世界初のThunderbolt 3 2×4 オーディオ・インターフェイス「Arrow」は発売当日よりRock oNでも既にご好評を頂いております。

Yuichiro “ichi” Nagai 氏によれば、$500以下という価格帯でPultecやMarshall、1176など14種類の高品質プラグインが付属し、プロフェッショナルレベルのAD/DAでレコーディング、モニタリングが出来るという点がセールスポイント。

Universal Audioにまだ馴染みのない、オーディオ・インターフェイスを初めて買う、低価格帯の製品からステップアップを試みるようなミュージシャンをターゲットに、これ一台で小さなスタジオが手に入るんだという力強いメッセージを頂きました。出来るだけ低価格で高品質な製作環境を求めるあなたに是非、オススメしたい商品です。

Universal Audio OX | Amp Top Box

2018NAMM_2Day_TM (92 - 194)

ギターアンプ系のUADプラグインを開発する際に、最高のテスト環境を用意したいという熱い思いが商品の着想になった「OX | Amp Top Box」。アナログなロードボックスとアッテネーターをベースに、Rigと呼ばれるUAD譲りのデジタル技術が共存するギターリスト新世代ツール。いかにもUAらしい、いい塩梅の製品。ニッチな印象を受けつつも、確実にフィットするユーザーがいることも事実。2018年2月発売予定。価格は¥148,000予定(税別)。

特集ページはこちら
http://www.miroc.co.jp/product_info/171026-universalaudio/

Universal Audio Apollo Thunderbolt 3 拡張カード

2018NAMM_2Day_TM (143 - 194)

たくさんのApolloユーザーがこの発表を待ち焦がれていたのではないでしょうか。ついに Thunderbolt 3 対応 USB-TypeCポートを2基搭載した拡張カードの登場です!NAMM 2018で初の公式発表、価格と発売はまだ未定ですが、15Wバスパワー供給に最大40Gbs帯域フルバンドで4Kディスプレイなどもハンドリング可能。Thunderbolt 3 のポテンシャルを失うことなく存分に活かせること間違いなし。

今年も Universal Audio の動きに乞うご期待です!

Writer. Matsuyama

Universal Audio
https://www.uaudio.jp/

#NAMM_UA
でTweetされたこの記事の話題

“NAMM2018
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年1月27日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IBC 2018:REIDEL
REIDELのフラッグシップ・ソリューションであるMediorNetが、SMPTE-ST2110にいち早く対応。
IBC2018 : DISK ARCHIVE
DISK ARCHIVEという会社のアーカイブ用のサーバーシステム。とにかく安く、メーカー曰く30年は大丈夫という長期保存性を備えたソリューションです。 その保存性を確保するための秘密は、DISKを回転させないことだとい [……
IBC 2018:Dalet
MAMを中心としたアプリケーションをリリースするDalet。Galaxyと呼ばれるworkflow managerを紹介。
IBC 2018:Dolby
Dolby AtmosにApple TV 4KとiTunesも対応。再生環境に関して、非常に身近なものになっているということがわかりますね。
IBC 2018 : iZotope
ポストプロダクション作業を行うのになくてはならないツールの一つとなっているiZotope RX。すでに事前情報をチェックされている方も多いかと思いますが、IBCに合わせてリリースが開始されたRX7の情報をお届けします。 [……
IBC 2018 : YAMAHA
YAMAHAブースではNuendo 8.3の新機能とMMP1のアップデート情報を紹介してもらいました。どちらも近日リリース予定ということなので、是非ともチェックをお願いします。 Nuendo 8.3 まずはNuendo [……
IBC 2018:LTO
次世代のテープストレージLTO-8は、今年の初めにリリースされ、1カートリッジあたり圧縮時の容量で30TB、ネイティブでの容量が12TBまでになり、LTO-7に比べると2倍の容量で、転送スピードが360MB/sec (圧縮時 750MB/s…
IBC 2018:Futuer Zone Thechnical Poster
気になる方は、気になるであろうFuter Zoneにパネル展示されていたこれらのポスター。Qualcommが作成したTHX + MPEG-Hに関するものです。
IBC 2018:Edit Share
EditShare社のIBC 2018での目玉は、Flowの最新バージョン。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を実施。
IBC 2018:Fraunfoher
FraunfoherのMPEG-H Authoring Plug-in。DAWのPlug-inとしてMPEG-Hのメタデータの書き出しが可能となります。前段のメタデータまでDAW内で完結できるプラグインが提供されるというのは大きなニュース。
IBC 2018:Nixer
NixerのPD-DanteはDanteのシグナルをチェックすることの出来るスグレモノ。予定されているファームウェアアップデートで、これ1台で回線チェックが可能となります。
IBC 2018:Focusrite
Focusriteはコントロールアプリが全面的にブラッシュアップされました。これにより、Focusrite Proのラインナップはすべてが、1つのアプリケーションからコントロールできるようになりました。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート