閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

25
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 1:Native Instruments

NAMM2019_Native Instruments

to NAMM 2019 HOME

NAMM2019一日目の幕開けはNative Instruments CEOのDaniel Haver氏による新製品のプレゼンテーションでした。昨年発売され、すでにプロのコンポーザーやアレンジャーの必携アイテムとなっているNative Instruments KOMPLETE 12 Ultimate Collector’s Editionは、Rock oN AWARD2019の最も優れたソフトェア音源に送られる「Instruments Soft Award」を見事受賞しましたので、記念のトロフィーをDaniel Haver氏に直接お渡しし、ユーザー評価やリクエストなどを伝えて来ました!

NAMM2019_Daniel Haver

今回のNIの発表は非常に内容が多彩でした。

KOMPLETE AUDIO 1は、ボーカル⽤のXLRマイク⼊⼒、ギターやその他の楽器⽤の1/4”TRSライン⼊⼒といった2系統のモノラル⼊⼒端⼦を装備し、ソロミュージシャン、またはポッドキャストやビデオブログなどスピーチを録⾳するクリエイターにもお薦めです。

NAMM2019_KOMPLETE AUDIO 1

⾼⾳質は⾔うまでもなく、Ableton Live Lite、MASCHINE Essentials、MONARK、NI製エフェクトなど、⾳楽制作に必要なソフトウェアが付属しますので、すぐに作業を始められます。価格は12,800円で、3⽉20⽇発売です。

⼿軽にステレオレコーディングが可能なKOMPLETE AUDIO 2は、ミュージシャン、ビートメイカー、パフォーマーがアイデアのスケッチ、⾼⾳質の⾳楽制作や演奏を⾏うのに最適です。2つのコンボジャック(XLRと1/4”TRS)を搭載し、シンセ等の外部機材をステレオで録⾳できます。この製品にもAbleton Live Lite、MASCHINE Essentials、MONARK、NI製エフェクトなど、⾳楽制作に必要なソフトウェアが付属します。価格は16,800円、発売は3⽉20⽇です。

NAMM2019_KOMPLETE AUDIO 2

KOMPLETE KONTROL M32は、ポータブルでリーズナブルなNI初のマイクロサイズキーボードです。NIとNKSパートナーの種類豊富なインストゥルメントやエフェクトを直感的に操作できます。NI独⾃開発の鍵盤と、演奏や創作意欲を刺激するSmart Play機能が素早くアイディアを捉えます。モバイル用途でかなり需要が高そうです。鍵盤のタッチもミニ鍵盤に良くあるペシペシいう感じではなく、自然なタッチが好印象でした!価格は14,800円、発売は3⽉7⽇です。

NAMM2019_KOMPLETE KONTROL M32
KOMPLETE KONTROL M32

そしてKOMPLETEシリーズがまさかの無料DL版を発表。その名もKOMPLETE START。LAZORBASSやSUPERCHARGERといったインストゥルメントとエフェクトが17種類、そしてEXPANSIONS SELECTIONなど2000以上のサウンドを収録。無料で手に入れられる商品でこの豊富なライナップは嬉しいですね。誰でも音楽制作の世界に飛び込むことができますね。今年2月からスタート予定。

KOMPLETE START

さらにMASCHINE SOFTWAREの最新Ver.である2.8が発表に。Sounds.com との連携機能が装備され、 Sounds.com をビートメイキングの中心として利用できるようになりました。オンラインで同期したタグ付のサンプルとループが MASCHINE のブラウザーで表示され、MASCHINE ユーザーは拡大を続ける膨大なサウンドライブラリーにアクセスでき、あらゆるジャンルの音楽制作に対応できます。これは同期して表示されるサウンドがきちんとジャンルで分かれていて、提案される形で表示されるようになるとかなり盛り上がりそうですね。こちらも2月にアップデーターを公開予定とのこと。

さらにTRAKTORのライトユーザー向けだったTRAKTOR DJも2にアップーデート。iOSだけでなくmacやwindowsでも使えるようになり、iOSとmacの両環境に対応する初のアプリケーションとなりました。さらにTRAKTOR DJ2はsoundcloud Go+を読み込めるようになったため、soundcloud Go+上にある世界中の音源をガンガンプレイリストに組み込むことができるようになりました。これはホームパーティなどで重宝しますね。欲を言えば、spotifyなどにも今後対応してくれるとさらに最高になりそうですね!今年の春からリリースされ、Traktor S2 MK3には無償で付属するとのこと。

Native Instruments
https://www.native-instruments.com/jp/

Writer. Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月25日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company