閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

27
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 3:iZotope

iZotopeブースにCEOのMark Ethier氏を訪ねる

to NAMM 2019 HOME

今回のNAMM 2019 ショーレポートでは取材に加えてもう一つ、重要なミッションがあります。それはRock oN AWARD 2019の受賞メーカーに、受賞を伝え、トロフィーを授与すること。

iZotopeは
・Product Of The Year : RX7 Advanced
・Audio Software AWARD : Nectar 3
のダブル受賞。iZotopeブースにCEOのMark Ethier氏を訪ね、メッセージをいただきました!



受賞理由
  • ノイズの自動リペアを行う「Repair Assistant」機能は圧倒的に優れ、ポストプロダクションの現場を中心に作業効率の向上に大幅に寄与。そのことはユーザー得票数の多さにも顕著に表れており、まさに「革新的ソフトウェア」という名にふさわしいプロダクトといえる。
  • ミックスされた楽曲のボーカルだけを操作できる「Music Rebalance」機能は音楽制作にも極めて有効。今回のバージョンアップは、ミュージシャンも巻き込んだ形で利用ユーザーの裾野を大きく広げることに成功した。
  • 一度完成した音楽(2mix)をエディットしてしまうことについての賛否があるかもしれないが、圧倒的な利便性は、かつて「サンプリング」が登場した時のように、音楽制作の新たなありかたや価値を提案するソフトかもしれない。

以上の理由から、2018年を象徴したRX7 Advancedに、Product of the Yearの栄誉を与えます。




受賞理由
  • Vocal Assistant機能は、まさに時代を先導するテクノロジーである”AI”をクリエイティブ作業に展開した最も優れた一例かもしれない。単なるプラグインチェーンではなく、EQ処理までもが自動で動いていく様はこれまでありえなかった光景で驚愕するばかり。
  • Neutron 2 Advanced、Relayと連携し、ボーカルを最前面へと誘導するVocal Assistant: Unmask機能。「複数のプラグイン間を相互にコミュニケーションさせ1つの成果を目指す」。この発想はiZotope社の優れた総合力の高さを示す。
  • 次のバージョンで期待するのは、やはりピッチ補正の自動化!! もし実現すれば、Auto-TuneやMelodyneといったメジャーピッチ補正ソフトを脅かす存在になること必至なはず!

以上の理由から、Nectar 3にAudio Software AWARDの栄誉を与えます。

iZotope
RX 7 Advanced ★在庫限り特価!
¥75,350
本体価格:¥68,500
1130ポイント還元
iZotope
RX7 Standard ★在庫限り特価!
¥21,340
本体価格:¥19,400
320ポイント還元
iZotope
Nectar 3
¥27,500
本体価格:¥25,000
413ポイント還元
iZotope
Music Production Suite 2 ★半期大決算SALE 第二弾!
¥39,800
本体価格:¥36,852
0ポイント還元

Writer : Tsuneyoshi

iZotope
https://www.izotope.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月27日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company