閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

26
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 2:Apogee

NAMM2019_Apogee全景

to NAMM 2019 HOME

昨年ついにリリースされたApogee FX Rackを中心に豪華ゲストが集ったApogeeブース、新製品HypeMiCも登場!

Roger Robindoré_Apogee

Bob Clearmountain_Apogee

ApogeeブースではおなじみRoger Robindoré氏による司会の元、Bob Clearmountainや、APOGEE FX RACKにより世界初の公認プラグイン開発に携わったPulse Techniques代表Steve Jackson氏も登場。

Steve Jackson_Apogee

Steve氏は10年以上にわたって伝説的EQP-1Aを精密に再現すべく、各コンポーネントの秘められた複雑性について、それらを知る唯一の人物、オリジナルPultecの設計者であるユージーン・シェンクに直接学んだというエピソードを紹介。

APOGEE FX RACK
APOGEE FX RACK

世界で唯一スティーブ、そしてPulse Techniquesによる完全なライセンスと品質の承認を得たEQP-1AプラグインはElementシリーズやEnsembleなど同社インターフェースでのDSPプロセッシング対応に加え、Nativeプラグインとしても販売中です。WAVESやUAを始め過去あらゆるプラグインメーカーですら公認としてこなかったPultec社初の公認プロダクトEQP-1Aを含むAPOGEE FX RACK。 特にElementシリーズのDSPパワーは全て同じため、Element22で動かすのが最もコストパフォーマンスが高いとも言えますね。

Theron

さらにビッグゲストとしてグラミープロデューサーTheron “Neff-U” Feemsterも登場!

氏が自ら紹介してくれたのが新製品となるUSBマイクロフォン『HypeMiC』です。

アナログコンプレッサー内蔵の24bit/96kHzUSBマイクとして、3段階のコンプレッションによるシンプルなワークフローでVocal、楽器、ナレーション全てのニーズに応えます。

Theron

ダイレクト信号とソフトウェア信号をミックスできるブレンド機能により完全に遅延のないモニタリングにも対応できます。iPadとの簡易レコーディングシステムのクオリティを大幅に引き上げるマイクロフォンの登場といっていいでしょう。

HypeMiC

HypeMiC

HypeMiC

付属品は専用ケースとカスタム・ポップフィルターに加え、なんとデスクトップ用三脚も付属! これは嬉しいですね。地味にMicro-USBからの変換がUSB-C、USB-A、Lightningまで3種付属してるのも気が利いてます。

まさにワンパッケージとしての完成度に優れる逸品。

発売は2月、価格は¥43,200にて現在予約受付中です!

Apogee
https://www.apogeedigital.com/

APOGEE
HypeMiC
¥49,500
本体価格:¥45,000
2475ポイント還元

to NAMM 2019 HOME

NAMM2019 クイズ de ショーレポート DAY2

3択1答クイズにチャレンジ!

クイズに正解したら下のeStoreボタンから購入へ。

手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!

Rock oN
NAMM 2019 クイズde Showレポート Day2
¥38,800
本体価格:¥35,926
0ポイント還元
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company