閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

26
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 2:McDSP

APB-16 Analog Processing Box

to NAMM 2019 HOME

現代のデジタルワークフローへ贈る最高のアナログエッセンス『APB-16 Analog Processing Box』登場!

なんと!MCDSPファンほど度肝を抜かれたGreenに輝くハードウェア『APB-16』

電源スイッチのみのフロントパネル、(一瞬単にプラグインプロセッシングを外部ハードで行うのかと誤解しそうになりましたが) 内部にはAKM 32bit AD/DAコンバータ、Burr-Brownオペアンプ、THAT VCAや複数のアナログ・サチュレーション専用回路といったアナログコンポーネントを持つとのことから、『Thunderbltで受けて内部でアナログプロセッシングをしてまたThunderboltで返す』、でもプロセスコントロールは完全にPC上からという、実にアナログ回路を愛する同社らしいプロダクトと言えます。(この仕様でアナログ入出力は完全カットしてるあたり実にコリンさんらしい。)

TB端子が2系統あることからもスタックはおそらく可能なのではと予想されます。1台あたりの最大ch数なども気になりますね!

NAMM2019_McDSP

プロセッシング内容にはコンプレッサー、マスタリング・リミッター、トランジェント、マルチチャンネル/マルチバンド・プロセッサなども含まれているとのこと。

なんと『ProToolsプラグインからのコントロールが可能』ということですが、ProToolsシステムや既存ソフトウェアとの関係性、果てはレイテンシーなどの処理速度含めて、今後の追加情報が気になる製品です。

価格は未定、USでの販売はQ2を予定。

McDSP
https://www.mcdsp.com/

Writer.Takemoto

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月26日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

マスタリングクラスのDACとモニターコントローラーが合体した最強マシン!
プロスタジオワークで求められるモニター入出力を総合的にマネージメント
開発3年、全ドライバーがアルミニウム製の高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会…
高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会レポート!
NAMM 2019 Rock oNショーレポート ダイジェスト
噂の新製品の姿をキャッチ! NAMM20019 ショーレポートダイジェスト!
NAMM 2019 DAY4:MOTU
MOTUはDP10を発表!今回のメジャーアップデートでは大量の機能追加や強化が推し進められています。
NAMM 2019 DAY4:Slate Digital
Slate Digitalからは以下の4つの製品が新登場!
NAMM 2019 DAY4:Universal Audio
Universal AudioはNAMM 2019の期間中毎日、ユーザーに有益なコンテンツを小刻みなスケジュールで実施。
NAMM 2019 Day 4:Mackie
今年でブランド創設30周年を迎えたMackie。30年の中でMackieが走り続けてきた歴史を感じるブース。
NAMM 2019 Day 4:Crane Song
近年積極的に開発を進めるDigital関連製品の新機種が登場!
NAMM 2019 Day4 : Quiz de Show Report
手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!
NAMM 2019 Day 4:Bitwig
BitwigはNAMM2019開催直前に発表し、まだβ版も公開される前のBitwig Studio3のデモンストレーションを行っていました!
NAMM 2019 Day 4:AudiosourceRe
リリースされたばかりの音声分離ソフトウェアRePanとDEMIX PROを展示!
NAMM 2019 Day 4:Gamechanger Audio
PLASMA Pedalが1Uに。PLASMA Drive新登場!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート