閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

26
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 2:PMC

NAMM2019_PMC

to NAMM 2019 HOME

”音を正確に表現する”クラフトマンシップにあふれるPMC、ニアフィールドモニターResult6が発売以降高い評価を受け、導入はもちろんRockoN店頭ほかでご試聴のリクエストも数多くいただいています。実際、このNAMM会場でもRupert NeveやAPIなど、そこかしこで展示モニターとしてResult6が用意されていました。

そのPMCの出展ブースはメインフロアに試聴室を設けた形。中では何が行われているのか、、実は初日にはあまりの人だかりに入室もできなかったのですが、本日潜入に成功です。

PMC

そこにはなんと薄い筐体を持ったスピーカーで整えられたイマーシブな環境が。。

Result6

wafer 1

セッティングされたこちらのスピーカーは「wafer 1」。新製品ではなくリリース済みのものとなり、元々は壁面への埋め込みを想定して開発されたモデル。これが昨今のイマーシブ環境を構築するにあたり適性があるのではないか、ということでこちらのような試聴室が用意されたとのこと。正面にはResult6のほかBB6(と思われる)メインスピーカーが鎮座しています。

wafer 1

wafer1ですが、この薄い筐体の中にResult6でも採用されるATLが仕込まれているそうです。細長い筐体ですがその中にうねうねとバスレフが仕込まれており、正面の素材感が異なるスポンジ部分がバスレフポートになるとのこと。

wafer 1

またツイーターがウーファーの上と横の2箇所にありますが、こちらは下部のスイッチで切り替えが行えます。縦でも横でもその設置に柔軟な対応を持つことができそうです。

Result6

今のところ背面の取り付けなどイマーシブ環境への設置に向けて対応をしなければならないポイントもあるそうですが、PMCのクオリティでこのデザインと省スペースな効率性は魅力的な選択肢になるのではないでしょうか。

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月26日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

マスタリングクラスのDACとモニターコントローラーが合体した最強マシン!
プロスタジオワークで求められるモニター入出力を総合的にマネージメント
開発3年、全ドライバーがアルミニウム製の高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会…
高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会レポート!
NAMM 2019 Rock oNショーレポート ダイジェスト
噂の新製品の姿をキャッチ! NAMM20019 ショーレポートダイジェスト!
NAMM 2019 DAY4:MOTU
MOTUはDP10を発表!今回のメジャーアップデートでは大量の機能追加や強化が推し進められています。
NAMM 2019 DAY4:Slate Digital
Slate Digitalからは以下の4つの製品が新登場!
NAMM 2019 DAY4:Universal Audio
Universal AudioはNAMM 2019の期間中毎日、ユーザーに有益なコンテンツを小刻みなスケジュールで実施。
NAMM 2019 Day 4:Mackie
今年でブランド創設30周年を迎えたMackie。30年の中でMackieが走り続けてきた歴史を感じるブース。
NAMM 2019 Day 4:Crane Song
近年積極的に開発を進めるDigital関連製品の新機種が登場!
NAMM 2019 Day4 : Quiz de Show Report
手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!
NAMM 2019 Day 4:Bitwig
BitwigはNAMM2019開催直前に発表し、まだβ版も公開される前のBitwig Studio3のデモンストレーションを行っていました!
NAMM 2019 Day 4:AudiosourceRe
リリースされたばかりの音声分離ソフトウェアRePanとDEMIX PROを展示!
NAMM 2019 Day 4:Gamechanger Audio
PLASMA Pedalが1Uに。PLASMA Drive新登場!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート