閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

27
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 3:ELEKTRON

ELEKTRONブース

ELEKTRONブースにある液晶モニタ

to NAMM 2019 HOME

ELEKTRONからはビッグニュースが二つ!まず一つ目はここ二、三年ユーザーが待ち望んでいたOVERBRIDGE2.0(β版)の登場です。
OVERBRIDGE2.0では、Analog DriveとOctatrackを除く下記マシンが対象になります。

• Analog Four MKI/MKII
• Analog Keys
• Analog Rytm MKI/MKII
• Analog Heat MKI/MKII
• Digitakt
• Digitone(ただし現時点のパブリックβ版には含まれず)

では、ここで皆様お馴染みのMR.Datalineこと、Cenk Sayınlı氏のOVERBRIDGE解説MOVIEをご覧ください!

///////

概要はableton Live10上で、OVERBRIDGEがVSTプラグインとしてもスタンドアローンとしても動作し、その際にどちらもMACHINEごとのトラック+2in/2outのUSBオーディオI/Oとして機能するというところですね。(今のβ版のマニュアルにはRYTMのみExternal Inの表記なし。これは要確認ですね)

///////

Overbridge画面

Digitaktユーザーの方は待ってましたという感じですよね。ableton Live10内にDigitaktがOverbridgeを介してプラグインとして立ち上げられており、全音色がパラでマルチトラックに送られ、パラメータもリアルタイムに同期しています。そしてAbleton Live側で複数のエフェクトのデバイスを立ち上げ、それらをMIDIコントローラーで操作し、Digitakt単体では得られないエフェクティブなプレイをしているのが分かります。また、AbletonのシーケンサーとDigitaktのクロックも同期しており、クリップに入れられたループサンプルともタイミングバッチリ合っていますね。バシバシとサンプルクリップを切り替えても全くズレていません。例えばDAWで作った曲の上物やベースだけをabletonで再生し、リズムは丸ごとDigitaktに取り替えてしまてライブパフォーマンスとかが簡単にできますね。

Overbridge画面

そしてAnalog Heatも同様にAnalog Heatプラグインとして立ち上がっており、同じくパラメータが同期しています。DigitaktとAnalog HeatはどちらもUSBケーブルでiMacと接続されているだけで、オーディオケーブルがありません。Digitaktのサウンドがマルチトラックでableton Liveに送られ、そこからAnalog Heatに行き、またUSBケーブルによってiMacに戻っています。OVERBRIDGEが複数マシン分立ち上げっていてサウンドの橋渡しをしているのでまさにOVERBRIDGEプラグインと言えそうです。

Monitor Gain

また今度は一旦DAWを閉じ状態にし、Overbridgeをアプリケーションとしてスタンドアローンで立ち上げます。そして当然パラメータの同期はできるのですが凄いことにDAWを介さなくてもDigitaktのサウンドはマルチトラックでキャプチャーすることができるようになっています。そしてinputも2つあり、digitaktが2in/2outのUSBオーディオインターフェースとして機能していることがわかります。Digitaktで曲を作ってサクッとパフォーマンスを保存しておきたいときに便利ですね。将来的にもしOVERBRIDGEがiOS対応などになればさらにいつでもどこでも自分のライブセッションをキャプチャーできるようになりますね!色々夢が広がるOVERBRIDGE2.0は絶賛フィードバックを募集中です。気になる方はELEKTRONAUTSからDLしてみましょう。

ELEKTONAUTS:https://www.elektronauts.com/news

Moel:Samples

さぁ続いて新しいハードウェアマシンがファミリーの仲間入り!その名もModel:Samples!今までのMASCIHINEとは違い、ロータリーエンコーダーのパラメーターが固定で深い階層がないため、より直感的にサウンドメイクができる点が特徴です。また、エンコーダーをこねくり回してパラメーターロックに記録していき、気に入ったパターンになったらTEMP SAVEで一旦保存。その状態から再びエディットを開始してもいつでもリロードすることができるのも嬉しい機能。またChanceパラーメータが搭載され発音確率をシンプルに%で設定するだけですが、これが効果は抜群。単純にハイハットのサンプルを16stepに全て入れて確率を変えるだけで新しい予想外のステップパターンが生まれてきます。それではELEKTRON User Care Support SpesialistのMario氏のデモムービーをご覧ください

また、Model:Samples専用のアクセサリも充実しており、専用カバーPL-4、カスタムキャリースリーブバッグECC-5などが用意。さらに将来的には持ち運び用のハンドル兼スタンド代わりになるアクセサリも登場するとのこと。おそらくArturiaのRack Bruteのあの取っ手みたいなイメージだと思います。しかもその中にバッテリーを入れられる予定とのこと。楽しみですね!
NAMM2019_Day3_miyagawa-125

NAMM2019_Day3_miyagawa-128

NAMM2019_Day3_miyagawa-114

Model:Samplesはすでに予約開始しています!

ELEKTRON
Model:Samples
¥59,901
本体価格:¥54,455
1ポイント還元

Elektron Model:Samples:https://www.elektron.se/products/modelsamples/
Writer:Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月27日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company