閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

27
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 3:MOOGSEUM

LegacyであるMODULAR MOOG SERIES III SYNTHSIZER

to NAMM 2019 HOME

こちらのコーナーはBOB MOOG FOUNDATION主催のMOOGSEUMと題し、「Bringing the legacy alive to inspire future generations.」というテーマが掲げられています。

そしてそのLegacyというのがこちらです。泣く子も踊る、MODULAR MOOG SERIES III SYNTHSIZERです。しかもこれは有名な三人の元を渡り歩いた歴史的な一台なんです。

HOLLAND SYNTHESIZERとは?

NAMM2019_Day2-164
NAMM2019_Day2-165

このMOOGが歩んだ数奇な歴史を記したパネルがあったので、所々登場する楽曲を取り上げながら意訳を載せてみます。

数奇な歴史を記したパネル

//////////

このMOOGは大半のモジュールが1968-70に製作された大変に貴重なもので、元々はDifferent Fur StudioのPatrick GleesonがR.A. Moog Co.にオーダーした一台で、Don Preston(Mothers of Invention/Grandmothers of Invention)に売却され、その後にWalter Holland(Holland Synthesizers)の手に渡りました。

NAMM2019_Day2-167

エレクトロニックジャズの先駆者であるPatrick Gleesonがまず始めにこのMOOG SYNTHESIZERを1968年に購入しました。このMOOGはHerbie Hancokの二つのアルバム「Crossing」と「Sextant」を始め、カリフォルニア州の伝説的なレコーディングスタジオ「Different Fur」で製作された膨大な数のアルバムで使用されました。

1970初め、Patrick GleesonはLenny Pickett(Tower of Power、Saturday Night Live)と共に大学のライブツアーにそのMOOGを持って行っていました。

その後、1975年くらいにDon PrestonがPatrick GleesonからそのMOOGを買い取り、すぐにフランシス・フォード・コッポラ監督の映画「地獄の黙示録」のサウンドトラックで使用しました。また、Don Prestonはその頃、LAにある30以上の学校でMOOGの機能性を見事に表現したパフォーマンスを行なっています。

他の初期のMOOGの多くと同じようにこのMOOGも10年もの間、持ち主によって様々な使い方をされ傑作を生み出して行きます。

1981年にDon PrestonはMOOGをカルトな電子音楽デュオであるAmber RouteのWalter Hollandに売却しました。MOOGはAmber Routeの持つ「Tangerinestudio」に設置され、彼らのアルバム「Ghost Tracks」で使用されました。

またツアーにも持ち出され、1982年のSteve Wozniak(Apple創業者の一人)によるUS FESTIVALでもそのステージに立ちました。その後もMOOGはTangerinestudioでWalter Hollandは本人名義の二枚のアルバム「Relativity」、「Transience of Love」や、Sham Karet、Black Tape for a Blue Girl、Storm Signal、Fitch and Ramosらの作品や、Krause Suchulzeらが参加した有名なコンピレーションアルバム「Dali: The Endless Enigma」で使用されました。

//////////

歴史的な一品ですね。会場で今も変わらぬ力強いベース音を奏でていて感動してしまいました。
さらにBob Moog氏の歴史を辿る写真なども展示されており、冨田勲さんの姿もありました。

NAMM2019_Day2-168
NAMM2019_Day2-169
NAMM2019_Day2-170
NAMM2019_Day2-171

今の世代にとても良い刺激になっていると思います!

NAMM2019_Day2-55

The Bob Moog Foundation:https://moogfoundation.org/
Writer:Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月27日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company