閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

28
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 4:Gamechanger Audio

Gamechanger Audioの新製品PLASMA RACK

PLASMA Rack

プラズマ管がやる気をブーストするディストーションペダル PLASMA PEDALを1Uサイズで拡張し、スタジオユースへと昇華させたPLASMA RACKが新登場です。キセノンガスを充填したプラズマ管がラック化に伴い拡大していますね。最大5,500Vという放電電圧がかかってるとのこと。プラズマ管内で生じた放電がアナログオーディオ信号にコンバート。クイックで、即レスポンスの超ヘビーディストーションはプラズマ管ならではの個性をもった歪みサウンドを生み出します。

Gamechanger Audioの新製品PLASMA RACK

さらにガス放電管の特性を利用し、BLENDノブをマックスに振り切り、エフェクト信号を完全WETにした状態で演奏をストップすれば、管内の音声信号はゼロに。つまり、オーディオゲートとして動作する訳です。ギターのハムノイズなどに役立ちそうです。

PLASMA Drive

Gamechanger Audioの新製品PLASMA Drive

こちらはユーロラックモジュールのPLASMA Drive。もちろんこちらもPLASMA Pedalからの発展/応用系プロダクトですが、ラトビア発のモジュールシンセブランドErica Synthsとのコラボで登場した製品です。プラズマ管内は3,000Vの高電圧。ディストーションならびにそのdry/wetのレベルによるCVでコントロールされ、オクターブアップと2オクターブダウンのトラッキングオシレーター信号を生成し、結果としてオリジナルシグナルに倍音を加える動きを行います。

<div style="clear:both;"></div>

Rock oN AWARD 2019 : PLUS Pedal

PLUS PedalはRock oN AWARD 2019 : Accessory AWARDを受賞。受賞のニュースをお伝えし、トロフィー授与しました。

Gamechanger AudioにRock oN AWARD表彰

to NAMM 2019 HOME



受賞理由
  • バーを踏むとその瞬間の音が持続するという新しいコンセプトで生み出されるドローンサウンド。本来であればリアルタイムで実現できないサウンドを、新たな表現方法としてプレーヤーに提供した。
  • ピアノのサステインペダルから着想されたと思われる構造は、ステージ上でシンプルな操作性を求めるギタリストにとって扱いやすく、その着想が素晴らしい。
  • 独自開発技術で波形のループポイントを自動解析し、ゼロポイントでつなぐため、一部のFreeze系ペダルの弱点だったループポイントで起こる不自然な音切れやノイズを克服した技術力を評価。

Writer : Tsuneyoshi

Gamechanger Audio
https://www.gamechangeraudio.com

NAMM2019 クイズ de ショーレポート DAY4

3択1答クイズにチャレンジ!

クイズに正解したら下のeStoreボタンから購入へ。

手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!

Rock oN
NAMM 2019 クイズde Showレポート 4rd day
¥65,388
本体価格:¥59,444
0ポイント還元
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company