閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

28
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 4:ATV

ATVのドラム

to NAMM 2019 HOME

ATVからは新製品の嵐!!あっと驚くあのブランドも復活し、勢いに乗っています!
まずはaDrum Artist PROが登場!

ATVのドラム

ATVのドラム
ATVのドラム

aDrum Artist PROはsDrumシリーズのフッグシップモデル。メイプル6plyシェルを採用し、よりリアルなドラムサイズに変更されています。
最初これが電子ドラムだとは一瞬気が付きませんでした。
・20×14″ 8Lugs BASS DRUM
・10×7″  6Lugs TomTom
・14×11″ 8Lugs Floor Tom
・16×13″ 8Lugs Floor Tom (Optional)
・14×5″  10Lug Snare DRUM
・12×8″  6Lugs TomTom
・8×6″  5Lugs Rack Tom (Optional)
そしてaD5のエキスパンダーである「aD-I/O」!

ATVのaD-I/O

aD5のATVリンクから接続する外部拡張ユニット。入力3イン、出力8アウトを使用可能。

さらにaD5をコントロールするIPad用ミキサーアプリ、aD5 Remote App!

aD5 Remote App

iPadのappからWi-FiでaD5の音色、キット、パン、音量などをリモートコントロール可能。これはPAからドラムのサウンドを調整するときなどに便利そうですね。
なおaD5はドラムキットが増えてユーザーサンプルを追加できるようになるようです!これは大きな進化ですね!しかも一つの入力デバイス(タムなど)につき4つのサンプルを入れることができるので、4段階のベロシティーレイヤーを組みことができます。

4段階のベロシティーレイヤー

これはなかなか表現力にとって重要で、例えばワンショットのサンプルが一つだけだとベロシティで音量が変わるだけなので違和感が生じます。サンプルのアサインはドラッグアンドドロップで行うようになる予定とのことです。(開発中)
さらにさらにニュースが続きます。ATV株式会社のブランド製品群に「ACE TONE」が追加されました。
メーカーリリースを抜粋します。

「ACE TONE」は弊社創業者である梯郁太郎が世界の音 楽愛好家に向けて開発した電子楽器のブランドです。
梯は1960年に大阪で「エース電子工業株式会社」を設立し、「ACE TONE」を冠した電子キーボード「CANARY S-2」 やリズムボックス「RHYTHM ACE FR-1」など、エポック メーキングな製品を次々と世に送り出しました。その後、梯は 1972年に電子楽器メーカー「ローランド株 式会社」を、2013年には「ATV 株式会社」を創業し、一生涯を電子楽器の開発に捧げました。

そして2019 年「ACE TONE」は、ATV の新たなブランド として登場します。

さらにこの伝説的なACE TONEは新製品を引っさげてカムバック。新開発のアクティブピックアップ「ActiveAce」(単品でも販売)を搭載したエレクトリックギター及びエレクトリックベースギターが登場です。

ACE TONE

試奏風景
ACE TONEカムバック!
ACE TONEカムバック!
ACE TONEカムバック!

◎3種類のサウンドキャラクター
スイッチ1つで、FAT / VINTAGE / BRIGHT の3種類のサウンドキャラクターを 瞬時に切り替えることができます。
FAT :ローエンドからハイエンドまで滑らかな周波数特性を持つユニークなサウンド
VINTAGE :ビンテージパッシブピックアップのサウンドをアクティブ回路で実現
BRIGHT :ハムバッカーにもかかわらず、かがやくようなブリリアントなサウンド。
◎ブーストスイッチ 従来のミッドブーストでは無い、全帯域ブースト(パワーブースト)スイッチを装備しています。オーバードライブでサステインの⻑いサウンドが欲しい時や、ギターソロでのブーストに有効です。

◎バッテリー残量インジケーター (Battery Remaining Indicator) 従来のアクティブピックアップでは内蔵のバッテリーの残量がわからなく演奏前にバッテリー交換を余 儀なくされていましたが、「Battery Remaining Indicator(BRI)」が搭載されているので、ケーブルをギターの出力ジャックに差し込むだけでLEDが点灯、その色(緑・オレンジ・赤)により残量を確認で きます。またバッテリーの寿命を延ばすため、5秒後にスリープモードになります。

さらに大型コンデンサーが目を引く高音質DIボックス、そして狙った帯域をプロセスできるマルチバンドコンプレッサーを参考出品。

ACE TONE
ACE TONE
ACE TONE
ACE TONE

ATVブース

aFrameファームウェアVer 2.00について

現在、aFrameファームウェアVer 1.90が公開( http://www.atvcorporation.com/support/drums/aframe/ )されていますが、バージョン2.00が後日公開予定。

・プレッシャーによる斬新なピッチスケールコントロール
・3D(いわばRSSのような)エフェクトや
・強力なコンプを搭載

等々、さらに進化を遂げるとのことなので、正式リリースをお待ください、とのことでした。

会場では梯 郁夫さんがaFrameを演奏し、aFrameらしいエキゾチックな音色で注目を集めていました。

梯 郁夫さんがaFrameを演奏

梯 郁夫さんがaFrameを演奏

2019年もATVから目が離せません!続報に期待しましょう!!

ATV:http://www.atvcorporation.com/en/products/drums/adrums/

Writer:Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company