閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

28
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 4:AudiosourceRe

NAMM2019_Day4_AudiosourceRe

to NAMM 2019 HOME

AudiosourceReはつい二週間前にリリースされたパンニングベースの音声分離ソフトウェアRePanとDEMIX PROを展示していました。

AudiosourceRe副社長のRick Silvaさんは元audionamixで、2mixのマルチトラック化を行うソフトウェア開発のスペシャリストです。

二週間前にリリース荒れたばかりのRePanは2mix内のサウンドの空間的な位置に基づいてオーディオソースを分離するプラグインです。まず入力されたステレオミックスを三つの帯域に分割してそれぞれを左、センター、右に配置します。帯域別に分割する数は3~7でユーザーが設定することができます。

NAMM2019_RePan

例えば歌モノの2mix素材があって、ボーカルがわずかにセンターからずれている場合などに、RePanを使えばセンターにバッチリ配置させることができます。そしてそれらの作業をリアルタイムで小なうことができます。プラグインフォーマットはAAX/AU/VSTに対応。価格も99USドルと安いので是非お試しください。

NAMM2019_Day4_RePan

こちらはDEMIX PRO。同じくパンニングベース分離アルゴリズムを搭載。スペクトラルエディタを搭載ているので、自動分離で除去しきれなかった余分な周波数成分を取り除くことも可能です。

NAMM2019_DEMIX PRO

NAMM2019_Day4_DEMIX PRO

またメロディセレクション・エディティング機能によって自動で認識が行われないような発音に対しても手動で除去ができます。マジックワンドツールによって指定範囲から成分が強いものを自動的に選択できるため、音を確認しながら微調整していく手間もありません。こちらは749USドル。

AudiosourceRe
https://www.audiosourcere.com/

sonicwire

Writer:Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月28日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

マスタリングクラスのDACとモニターコントローラーが合体した最強マシン!
プロスタジオワークで求められるモニター入出力を総合的にマネージメント
開発3年、全ドライバーがアルミニウム製の高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会…
高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会レポート!
NAMM 2019 Rock oNショーレポート ダイジェスト
噂の新製品の姿をキャッチ! NAMM20019 ショーレポートダイジェスト!
NAMM 2019 DAY4:MOTU
MOTUはDP10を発表!今回のメジャーアップデートでは大量の機能追加や強化が推し進められています。
NAMM 2019 DAY4:Slate Digital
Slate Digitalからは以下の4つの製品が新登場!
NAMM 2019 DAY4:Universal Audio
Universal AudioはNAMM 2019の期間中毎日、ユーザーに有益なコンテンツを小刻みなスケジュールで実施。
NAMM 2019 Day 4:Mackie
今年でブランド創設30周年を迎えたMackie。30年の中でMackieが走り続けてきた歴史を感じるブース。
NAMM 2019 Day 4:Crane Song
近年積極的に開発を進めるDigital関連製品の新機種が登場!
NAMM 2019 Day4 : Quiz de Show Report
手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!
NAMM 2019 Day 4:Bitwig
BitwigはNAMM2019開催直前に発表し、まだβ版も公開される前のBitwig Studio3のデモンストレーションを行っていました!
NAMM 2019 Day 4:Gamechanger Audio
PLASMA Pedalが1Uに。PLASMA Drive新登場!
NAMM 2019 Day 4:Flock Audio
Flock Audioの100%アナログのシグナルパスを持ちながら、デジタルで制御する世界初のアナログパッチベイ「PATCH」を展示!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート