閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

28
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 4:Flock Audio

アナログパッチベイ「PATCH」


to NAMM 2019 HOME

Flock Audioの100%アナログのシグナルパスを持ちながら、デジタルで制御する世界初のアナログパッチベイ「PATCH」を展示。簡単にいうと32ChのN/OUTをもち、そこにケーブルを差したまま内部のパッチングをアプリケーションソフト上で行うという非常にシンプルかつ痒いところに手が届く便利なものです。

アナログパッチベイ「PATCH」

まずハードウェアを見ていきましょう。
DB-25/D-SUBコネクターが背面にIN/OUTそれぞれ4つずつあります。IN/OUTそれぞれ31,32chはフロントパネルにルーティングすることができます。これは例えば作業中に急にマイクを入れたくなった時などに、背面のケーブルには一切触れずに、専用のアプリケーションソフトでルーティングを切り替え、フロントパネルにマイクを刺すだけでOKなので、良く考えられています。そしてUSB2.0のコネクターがあります。USBでオーディオシグナルのやり取りは一切行わないのでUSB2.0以上は必要ないとの判断です。

NAMM2019_Day4_shibuya-23

そしてフロントパネルには前述の31,32chのIN(NeutrikのXLR/TRSコンボジャック)とOUT(Neutrik のXLRオスのジャック)、そしてシンプルな情報常時のLEDインジケーターがあります。この内、「48V PHANTOM POWER」というインジケーターはファンタムがONになっている時に点灯します。

アナログパッチベイ「PATCH」

ここからはアプリケーションソフトウェアを見ていきましょう。PATH1~8がシグナルパスになっていて、上から下にシグナルが流れるようになっています。そして左側にあるHARDWAREというのはPATCHに接続されているハードウェアのリストです。(ユーザーが作成します。)そしてそのHARDWAREのリストからドラッフアンドドロップで、右のマトリックス状に配置されたPATHにアサインしていきます。そしてこのHARDWAREの設定は、IN/OUTを鍵マークで固定しておけば、HARDWARE一つでIN→OUTという流れになるので、IN/OUTを意識せずにPATH状にHARDWAREを一つずつ配置していけます。言葉だと分かりづらいので画像をどうぞ。

アナログパッチベイ「PATCH」

ここで面白いのはPATHとPATH の間に[M]というマークがありますが、これはMultingの意味で信号をスプリットさせることができます。

アナログパッチベイ「PATCH」

ファンタムのトラブルを避けるためにアプリケーションソフトウェア状でファンタムをアクティブにする時にはアラートメッセージが出ます。(画像荒くてすみません)

アナログパッチベイ「PATCH」

そしてこれらの設定は名前をつけて保存することができます。また複数台のPATCHを接続することもできます。以上、ざと概要を見て来ましたが、とても分かりやすく柔軟な使い方ができそうでした!日本に代理店はまだ無いそうですが、個人ユーザーからすでに数台注文が入っているとのこと。価格は2199USドル。

アナログパッチベイ「PATCH」

最後にスペックを載せておきます。

アナログパッチベイ「PATCH」

アナログパッチベイ「PATCH」

Flock Audio:https://www.flockaudio.com/
Writer:Shibuya


to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月28日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
SUPERBOOTH19 Day3:ZAHL
ZÄHLは今年もスペースシャトルの船内を模したスペースで密やかにブースを出展。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company