閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

28
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 4:Flock Audio

アナログパッチベイ「PATCH」


to NAMM 2019 HOME

Flock Audioの100%アナログのシグナルパスを持ちながら、デジタルで制御する世界初のアナログパッチベイ「PATCH」を展示。簡単にいうと32ChのN/OUTをもち、そこにケーブルを差したまま内部のパッチングをアプリケーションソフト上で行うという非常にシンプルかつ痒いところに手が届く便利なものです。

アナログパッチベイ「PATCH」

まずハードウェアを見ていきましょう。
DB-25/D-SUBコネクターが背面にIN/OUTそれぞれ4つずつあります。IN/OUTそれぞれ31,32chはフロントパネルにルーティングすることができます。これは例えば作業中に急にマイクを入れたくなった時などに、背面のケーブルには一切触れずに、専用のアプリケーションソフトでルーティングを切り替え、フロントパネルにマイクを刺すだけでOKなので、良く考えられています。そしてUSB2.0のコネクターがあります。USBでオーディオシグナルのやり取りは一切行わないのでUSB2.0以上は必要ないとの判断です。

NAMM2019_Day4_shibuya-23

そしてフロントパネルには前述の31,32chのIN(NeutrikのXLR/TRSコンボジャック)とOUT(Neutrik のXLRオスのジャック)、そしてシンプルな情報常時のLEDインジケーターがあります。この内、「48V PHANTOM POWER」というインジケーターはファンタムがONになっている時に点灯します。

アナログパッチベイ「PATCH」

ここからはアプリケーションソフトウェアを見ていきましょう。PATH1~8がシグナルパスになっていて、上から下にシグナルが流れるようになっています。そして左側にあるHARDWAREというのはPATCHに接続されているハードウェアのリストです。(ユーザーが作成します。)そしてそのHARDWAREのリストからドラッフアンドドロップで、右のマトリックス状に配置されたPATHにアサインしていきます。そしてこのHARDWAREの設定は、IN/OUTを鍵マークで固定しておけば、HARDWARE一つでIN→OUTという流れになるので、IN/OUTを意識せずにPATH状にHARDWAREを一つずつ配置していけます。言葉だと分かりづらいので画像をどうぞ。

アナログパッチベイ「PATCH」

ここで面白いのはPATHとPATH の間に[M]というマークがありますが、これはMultingの意味で信号をスプリットさせることができます。

アナログパッチベイ「PATCH」

ファンタムのトラブルを避けるためにアプリケーションソフトウェア状でファンタムをアクティブにする時にはアラートメッセージが出ます。(画像荒くてすみません)

アナログパッチベイ「PATCH」

そしてこれらの設定は名前をつけて保存することができます。また複数台のPATCHを接続することもできます。以上、ざと概要を見て来ましたが、とても分かりやすく柔軟な使い方ができそうでした!日本に代理店はまだ無いそうですが、個人ユーザーからすでに数台注文が入っているとのこと。価格は2199USドル。

アナログパッチベイ「PATCH」

最後にスペックを載せておきます。

アナログパッチベイ「PATCH」

アナログパッチベイ「PATCH」

Flock Audio:https://www.flockaudio.com/
Writer:Shibuya


to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company