閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

28
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 4:Lauten Audio

Lauten Audio_Synergy

to NAMM 2019 HOME

Lauten Audioは新シリーズとなるSynergyシリーズを展開。LS-208(現地価格$899)はフロント・アドレスのダイヤフラムを採用した放送・ポッドキャストなどの配信、そしてライブステージを想定した新モデル。

一見サイドアドレスのような姿ですがマイクの頂点の方向にダイヤフラムが向けられており、軸外となる真後ろ方向270°の音声を排除して放送に必要な明瞭な音声を収録します。ショックマウントはもちろん、ハードマウントやウィンドスクリーンも同梱されるようです。フィルターは上下とも2パターン(LP 8kHz/10kHz 、HP120Hz/50Hz)切り替え可能となっており多様な現場に対応できそうです。

Lauten Audio
Lauten Audio

NAMM2019_Day1-506

そして208の向き違い(!?)とも言えるのがLS-308(価格未定)、珍しくもT字型のようなルックスです。

ちょうど208の向きを変えた形で銀色側がダイヤフラム正面となり黒いオフアクシス方向の音声をカットします。208/308のSPLスペックは135dbですのでキックやギターアンプにも立てられます、ましてレコーディングに実績のあるLautenとなれば尚更。形に一工夫してが必要となったのも頷けます。またユニークなのはマウントで筐体の中ほどに直接スイングアームでマウントされる方式で、これもまた手早くセッティングを決められるシンプルな機構。

Lauten_LS-108
Lauten_LS-108

NAMM2019_LS-108

なお、SynergyシリーズのハンドヘルドとしてLS-108も展示されていました。これまで培ったレコーディングマイクのノウハウを新たなフィールドで発揮させるLauten Audioの新モデル、国内でもぜひ試してみたいところです!

NAMM2019_Lauten Audio

Lauten Audio
https://www.lautenaudio.com/

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月28日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

マスタリングクラスのDACとモニターコントローラーが合体した最強マシン!
プロスタジオワークで求められるモニター入出力を総合的にマネージメント
開発3年、全ドライバーがアルミニウム製の高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会…
高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会レポート!
NAMM 2019 Rock oNショーレポート ダイジェスト
噂の新製品の姿をキャッチ! NAMM20019 ショーレポートダイジェスト!
NAMM 2019 DAY4:MOTU
MOTUはDP10を発表!今回のメジャーアップデートでは大量の機能追加や強化が推し進められています。
NAMM 2019 DAY4:Slate Digital
Slate Digitalからは以下の4つの製品が新登場!
NAMM 2019 DAY4:Universal Audio
Universal AudioはNAMM 2019の期間中毎日、ユーザーに有益なコンテンツを小刻みなスケジュールで実施。
NAMM 2019 Day 4:Mackie
今年でブランド創設30周年を迎えたMackie。30年の中でMackieが走り続けてきた歴史を感じるブース。
NAMM 2019 Day 4:Crane Song
近年積極的に開発を進めるDigital関連製品の新機種が登場!
NAMM 2019 Day4 : Quiz de Show Report
手に入れたクーポンコードを入れると衝撃価格に切り替わります!
NAMM 2019 Day 4:Bitwig
BitwigはNAMM2019開催直前に発表し、まだβ版も公開される前のBitwig Studio3のデモンストレーションを行っていました!
NAMM 2019 Day 4:AudiosourceRe
リリースされたばかりの音声分離ソフトウェアRePanとDEMIX PROを展示!
NAMM 2019 Day 4:Gamechanger Audio
PLASMA Pedalが1Uに。PLASMA Drive新登場!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート